生活環境デザイン学科

生活環境デザイン学科

生活環境デザイン学科とは

さまざまなモノづくりを通して生活や環境のデザイナーをめざす。

生活環境デザイン学科

人間が生活を営む環境をより良くするため、バランスのとれた構成力や造形力を基に、伝統的・先端的な表現技術を用いて、豊かな生活に貢献できる生活環境デザイン分野の専門家を育成します。

工芸デザイン専攻

金属工芸・陶芸・染織を軸として素材の性質や技術、
技法を学び現代的用の美を追求する

1年次に工芸の基礎、2年次に専門分野を選び、伝統的な工芸技法から現代的な造形表現まで深く学びます。現在、世界から注目されている日本の“Kōgei”。確かな技術力を有した専門家をめざします。

プロダクトデザイン専攻

生活に密着した商品の企画・デザイン「もの」を中心とした
デザイン開発を学ぶ

デザイナーとしての論理的思考能力、企業や組織での共同作業のための基礎能力、実務場面でいかせる企画・発想能力、問題を解決に導くための提案力を有した、社会の実践の場で活躍できる人材育成をめざします。

空間演出デザイン専攻

生活空間のあらゆる場面で活躍できる
空間演出デザインのプロフェッショナルをめざす

インテリアデザイン、ディスプレイデザイン、環境デザイン、住宅設計、照明デザイン、舞台美術、ファッションデザインなど、空間演出に関連するさまざまな領域について学び、プロフェッショナルをめざします。

生活環境デザイン学科で学ぶ理由

専門的な技術・技法をいかす応用力を身につけます。

工芸、プロダクト、空間演出に関する専門知識と多種多様な技術・技法を修得するとともに、それを生活環境でいかすための応用力を身につけます。

将来の生活環境を豊かにできる人材を育てます。

現代社会の抱える多くの課題に対し、先人から培われてきた知恵や技術と新たな技術を活用し、将来の生活環境をよりよいものとするデザインを学ぶ実践的な教育をめざします。人間の手により生み出されるモノ、機械により生み出されるモノ、モノを組み合わせ生み出される空間、空間を演出し生み出される現象をデザインする能力を養います。

実践型の授業を通し、造形力や構成力を身につけます。

芸術に関する基礎力を身につけた上で、工芸デザイン、プロダクトデザイン、空間演出デザインについての専門知識と多種多様な技術・技法を学び、実践型の授業を通して、生活環境デザイン分野の専門家として必要な造形力や構成力を身につけます。そのため、体系的な教育科目を構成し、社会の要請の場で活躍できる人材の育成をめざします。

卒業後の進路

工芸デザイン専攻
  • 工芸作家
    陶芸家
    ジュエリーデザイナー
    テキスタイルデザイナー
    セラミックデザイナー
    工芸デザイナー
    美術
    工芸系教員 など
プロダクトデザイン専攻

企業内デザイナー
プロダクトデザイナー
商品企画プランナー
雑貨デザイナー
家具デザイナー
デザインモデラー など

空間演出デザイン専攻
  • インテリアデザイナー
    照明デザイナー
    ディスプレイデザイナー 
    ファッションデザイナー
    ガーデンデザイナー
    舞台美術家
    建築家 など

取得可能資格(参考)

取得可能資格
  • 中学校教諭一種(美術)
    高等学校教諭一種(美術・工芸)
    司書
    学芸員
    社会教育主事 など

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life