ビジュアルデザイン学科

ビジュアルデザイン学科

ビジュアルデザイン学科とは

伝える、伝わる。ビジュアルコミュニケーションのプロを育てる。

ビジュアルデザイン学科

社会の多様なビジュアルコミュニケーションに対応するため、グローバルな視野に立った編集力や伝達力を基に、アナログやデジタル表現技術を用いて、社会へ貢献できるビジュアルデザイン分野の専門家を育成します。

グラフィックデザイン専攻

視ること伝えることを通じ、
新しいコミュニケーション環境を創造する

「視ること」「描くこと」「伝えること」という原点に立ち、グラフィックデザインにおける知識と伝達方法を身につけます。

イラストレーションデザイン専攻

「伝える」=「描く」、その能力をメディアに発信する

イメージトレーニングによる豊かな発想力、さまざまなメディアに応用できる表現力、目的に合わせて総合的な展開ができる企画力を育成するとともに、イラストレーションを中心としたビジュアルアートを通して、社会に発信できる個性豊かなクリエイターを育成します。

ビジュアルデザイン学科で学ぶ理由

社会へ貢献できる専門家を育成します。

デザイナーに必要な感性を持ち、グラフィックデザインやイラストレーションにおける知識を習得することで、社会に寄与する力を身につけます。

視覚情報伝達を目的とした実践的なデザイン

クリエイターとコミュニケーターとしての感性を育て、複雑化するコミュニケーション環境の改善に寄与する人材を育成するグラフィックデザイン専攻と、ビジュアルアートを通し、社会にその表現を発信できる個性豊かなクリエイターを育てるイラストレーションデザイン専攻の2専攻で構成します。

卒業後の進路

グラフィックデザイン専攻
  • グラフィックデザイナー、アートディレクター、エディトリアルデザイナー、パッケージデザイナーなど
イラストレーションデザイン専攻

イラストレーター、キャラクターデザイナー、キャラクター商品企画、絵本作家、ゲーム・アニメーションアートディレクターなど

ページの先頭へ