芸術表現学科

芸術表現学科

芸術表現学科とは

美術・芸術・メディアアートで世界に挑戦する。

芸術表現学科

地域社会およびグローバル社会の芸術文化の創造に貢献するため、独創的な造形力や審美力を基に、伝統的な表現手法や先端的な表現手法を学びます。

絵画専攻

絵画における古典から現代までの領域を超えた美術創作研究

2・3年次から「洋画」「日本画」「版画」クラスへ分かれ、より専門領域を学びます。伝統的な絵画表現から現代表現まで、視野を広げる多様な授業内容を通し、個性豊かな芸術家を育成します。また創造性をいかし、社会へ貢献できる人材を育成します。

メディア芸術専攻

先端のアートとテクノロジーで、新しい文化と価値を創造する

デジタル技術をはじめとする先端メディアを駆使しながら、歴史に培われた技術や理論を応用し、より柔軟な発想と深い洞察をもって次代の芸術文化を創造します。

立体造形専攻

柔軟な感性と創造力で時代を見つめた立体造形を構築する

現代社会に存在する立体造形物の存在意味や魅力・可能性を考え、視覚的・触覚的な感性を身につけ、彫刻、フィギュアキャラクターオブジェなど多彩な手法を用いて新感覚の立体造形を構築し、文化社会に貢献できる人材を育成します。

芸術表現学科で学ぶ理由

新たな芸術を創造できる専門家を育成します。

芸術・文化を本質的に理解し、柔軟な感性と洞察力により、次世代を担う作家・アーティスト・デザイナー・研究者・教員として、芸術表現を通じて社会に貢献できる人材を育てます。

次世代に対応したテーマやコンセプトで作品を制作

多様化する社会と文化において、芸術表現も大きく変化しつつあります。伝統的な絵画表現、立体造形表現から先端技術によるメディア表現まで総合的な視野と、深い洞察力、芸術の本質的な理解を修得し、次世代に対応したテーマやコンセプトをもとに、優れた作品を制作します。

造形力や審美力を身につけます。

芸術に関する基礎力を身につけた上で、絵画、立体造形、先端的なメディア芸術についての専門知識と多様な技術・技法を学び、芸術表現分野の専門家として必要な造形力や審美力を身につけます。そのため、体系的な教育科目を構成し、自由で人間性豊かな芸術を創造できる人材の育成をめざします。

卒業後の進路

絵画専攻
  • 画家、美術家
    マンガ家、デザイナー
    美術教育者
    学芸員
    保存修復家
    絵画教室経営 など
メディア芸術専攻

メディアアーティスト
映像作家
アニメーター
マンガ家
ゲームクリエイター
デジタルクリエイター など

立体造形専攻
  • 造形作家
    彫刻家
    フィギュア作家
    キャラクターデザイナー
    美術教育者
    学芸員
    ディスプレイデザイナー など

取得可能資格(参考)

取得可能資格
  • 中学校教諭一種(美術)
    高等学校教諭一種(美術・工芸)
    司書
    学芸員
    社会教育主事 など

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life