地域づくり学科

地域づくり学科

地域づくり学科とは

地域に根を張り、率先して、地域づくりを担える人材を育成。

地域づくり学科

「地方創生」は、政府の施策に頼るだけではなく、地域自らが活性化に取り組むことが重要であり、それを実践する人材が不可欠です。そこで本学科では、確かな社会調査能力を基礎とした上で、地方自治体職員として地域活性化を担う人材や、地元企業への就職や起業によって地域経済を牽引する人材、歴史や芸術と関わるNPOに所属し、地域の文化を担う人材を養成します。

地域づくり学科で学ぶ理由

  • 社会調査士養成とプロジェクト型教育
  • 全員履修の実践力育成科目(地域密着型)
  • 地域インターンシップの実施
地域政策・行政コース
公共の視点を持ち、地域活性化に貢献できる公務員を養成する。
公務員を目指す学生に必要な法律、行政、経済に関する科目を中心としたカリキュラムにより、地方自治や行政などを基礎から学び、公共の視点で適切な地域の運営や経済、産業の活性化に貢献できる人材を養成します。
地域プロデュースコース
地域の未来をプロデュースする地域リーダーを育てる。
マーケティング調査の手法によって地域の価値を検証した上で、地域の発展に向けたより良い答えを探究。地域の新たな魅力の発掘やブランド戦略化に必要な知識・技能を身につけ、地域の課題
を解決し、未来をプロデュースしていく地域リーダーを育成します。
地域教養コース
地域社会の変化に対応するための専門性と教養を身につける。

総合大学としての資源をいかし、「地域づくり」に必要不可欠な文理融合的な知識・技術(地域教養)を学び、地域社会の変化に即応できる人材を育成します。また、多様なライフスタイルに合わせ、働きながらでも学べる「夜間特別枠」の入試も実施します。

資格(参考)

目指せる資格
(予定)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
    高等学校教諭一種免許状(公民)
    社会教育主事任用資格
    社会福祉主事任用資格
    社会調査士
    行政書士
    宅地建物取引士
    学芸員

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life