九州産業大学の概要

理事長メッセージ

九州産業大理事長 一ノ瀬 秋久

学生が教養を身につけるよう指導 卒業後は直ちに実社会で活躍できる人材を養成

九州産業大理事長 一ノ瀬 秋久

 九州産業大学は、昭和35年の創設以来、文系・技術系・芸術系あわせて9つの多彩な学部と大学院5研究科を持つ西日本屈指の総合大学として発展してまいりました。

 本学の建学の理想は、本学創設者中村治四郎の言う「産学一如(いちにょ)」であります。わかりやすく言えば、学生が教養を身につけるよう指導し、卒業後は直ちに実社会で活躍できる有為の人材を養成しようとするものであります。

 そのため、一方で基礎となる理論の修得が必要でありますが、他方実社会に入れば複雑な企業・団体の一員となり、これを運営し発展させて行くため実務についての知識や適応能力を持つことも必要であります。

 本学の所在地、福岡市は、アジア・太平洋地域と地理的に近く歴史的にも深い関係があり、九州最大の政治・経済・文化の中心都市であるとともに、居住環境にも恵まれ今後とも発展する地域でありますから、学生生活を送るのに最適の地であるといえましょう。

 本学に学ぶ学生諸君が、本学の理念・目的を充分に理解し、自分自身の理念・目的を明確にされることを祈念しております。

ページの先頭へ