ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです


本文のはじまりです

コンプライアンス推進規程

第1条 (目的)

この規程は、学校法人中村産業学園(以下「学園」という。)におけるコンプライアンスの推進のために必要な事項を定めるとともに、職務の公平・公正かつ誠実な遂行を図り、学園に対する社会的信頼を確保することを目的とする。

第2条 (定義)

この規程においてコンプライアンスとは、法令、条例、通達等に加え、学園が定める寄附行為、諸規則等を遵守するとともに、倫理・社会規範を全うすることをいう。

第3条 (適用範囲)

この規程は、学園の全ての組織、役員、職員及びその他雇用関係にある者(以下「職員等」という。)並びに学園と第三者との間の契約に基づいて学園においてその業務を遂行する者に適用する。

第4条 (職員等の責務)

職員等は、学園におけるコンプライアンスの重要性を深く認識し、常に教育・研究の発展に寄与するため、高い倫理観と社会的良識を持って公平・公正かつ誠実な職務の遂行に努めなければならない。

第5条 (管理監督者の責務)

学園の業務遂行において管理、監督又は指導する立場にある部所の長等は、自己の管理、監督又は指導する部所において、コンプライアンスの推進及び改善が図られるように努めなければならない。

第6条 (コンプライアンス委員会)

1.
学園に、コンプライアンス体制の確立を図り、公平・公正な職務の遂行を確保するため、学校法人中村産業学園コンプライアンス委員会(以下「委員会」という。)を置く。
2.
この規程に定めるもののほか、委員会に関し必要な事項は、別に定める。

第7条 (コンプライアンス管理責任者)

1.
学園におけるコンプライアンスの推進及び改善状況を管理するため、コンプライアンス管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置く。
2.
管理責任者は、総務担当常務理事をもって充て、学園のコンプライアンスの推進及び改善を図る責任者とする。

第8条 (管理責任者の任務)

管理責任者は、次に掲げる任務を担当する。

(1)
学園におけるコンプライアンスの推進及び改善状況について管理すること
(2)
コンプライアンスの推進及び改善に係る重要な方針の決定又は変更に関する提案を行うこと
(3)
コンプライアンスの通報に係る内容の整理及び確認を行い、委員会で処理を行い、又は部所の長等に当該事案の処理を依頼すること
(4)
前号に掲げる通報の確認結果及び部所における事案の処理状況等について定期的に委員会に報告すること
(5)
コンプライアンスに関する相談に応じ、その内容の整理及び確認を行い、対応の必要性について判断すること
(6)
その他理事長が必要と認める事項

第9条 (通報窓口)

1.
学園は、違反行為に関する通報相談に応じるため、委員会に学校法人中村産業学園コンプライアンス通報窓口(以下「通報窓口」という。)を学園内・学園外に設置する。
2.
職員等は、第2条に定義されるコンプライアンスに反する行為があると判断したときは、速やかに通報窓口に通報しなければならない。
3.
コンプライアンス通報の適切な管理のため、通報受付管理者を置き、総務部長をもって充てる。
4.
通報窓口で通報を受けた担当者は、速やかに通報受付管理者に報告しなければならない。
5.
通報受付管理者は、前項の通報を受けた場合、管理責任者に報告しなければならない。
6.
匿名での相談の希望があった場合、又は匿名での文書が送達された場合においては、匿名と相当する理由が認められる場合に限り受け付けることがある。

第10条 (通報を行う者の責務)

1.
通報は、学園の運営の適正化に資するために行われるものであり、誹謗中傷、私怨、私利私欲その他の不正な意図又は感情によって行ってはならない。
2.
通報を行う者は、通報対象者の氏名及び所属並びに通報に係る事実の発生日時、場所及び内容をできる限りわかりやすく通報しなければならない。
3.
通報窓口へ通報又は相談を行う者は、氏名、所属又は住所及び連絡先を明らかにするものとする。

第11条 (通報を行った者の保護)

1.
通報を行った者(以下「通報者」という。)は、通報を行ったことを理由として、人事、給与その他の身分及び勤務条件等に関して、いかなる不利益な取扱いも受けない。
2.
通報者は、通報を行ったことを理由として不利益な取扱いを受けたと思われるときは、委員会に申し立てることができる。

第12条 (通報に関する管理責任者の責務)

1.
管理責任者は、通報者が前条第1項に規定する不利益な取扱いを受けたとき又は受けるおそれがあると認めるときは、その回復又は防止のために必要な措置を講じなければならない。
2.
管理責任者は、コンプライアンス通報に係る事実がないことが判明した場合において、関係者の名誉が害されたと認めるときは、事実関係の公表その他関係者の名誉を回復するために必要な措置を講じなければならない。

第13条 (委員会の処理)

委員会は、第8条第3号の規定により当該事案の処理を行う場合は、当該通報の真否及び重要性について速やかに調査し、経緯、調査及び処理の結果を関係する部所の長に通知するものとする。

第14条 (部所の長等の処理)

1.
部所の長等は、第8条第3号の規定による依頼を受けたときは、当該通報の真否及び重要性について速やかに調査し、調査及び処理の結果を管理責任者に報告する。
2.
前項の報告を受けた管理責任者は、速やかに委員会に報告するものとする。

第15条 (通報に係る措置)

1.
管理責任者は、第13条及び第14条の調査結果後、通報に係る違反行為の停止、違法な状態の回復等必要な措置を講じるとともに、再発防止のために必要な措置を講じなければならない。
2.
管理責任者は、第14条の調査結果報告を受け、更なる調査が必要であると認めたときは、委員会に処理依頼を行うものとする。
3.
管理責任者は、調査の結果、違反行為が明らかになった場合は、理事長に報告し、理事長は当該違反行為に関与した者に対し、学校法人中村産業学園就業規則に基づく懲戒等の処分及び告訴等の措置を講じることができる。
4.
管理責任者は、第10条第1項に規定する通報を行う者の責務を逸脱した通報者について理事長に報告し、理事長は前項と同様の措置を講じることができる。

第16条 (守秘義務)

委員会委員、部所の長及びその他事案の処理に係わった者は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。なお、その職を退いた後も同様とする。

第17条 (利益相反関係の排除)

委員会委員、部所の長及びその他通報に係わる者は、自らに関係する事案の処理に関与してはならない。

第18条 (雑則)

本規程における通報窓口に、ハラスメントに関する事項及び公的研究費による研究活動上の不正行為に関する事項等の通報があった場合は、通報受付管理者から各担当部所等に報告し、各々の手続きにより処理を行うものとする。

第19条 (事務)

コンプライアンスに関する事務は、総務課が行う。

附 則

この規程は、平成22年3月26日から施行する。

本文のおわりです


  • トップページ
  • 行動規範
  • 推進規程
  • 委員会規程
  • 通報システム
  • 九州産業大学
  • 九州造形短期大学

Copyright 学校法人中村産業学園 All Rights Reserved.