九産大の英語教育プログラム

全学共通英語教育

 英語学習の効果を決めるのは、「現時点の実力を無理なく伸ばせる授業内容」。そのため、学部の枠を取り払い、 全学生を対象にテストの結果に基づいた少人数能力別クラスを編成します。英語が得意な人も苦手な人も、徹底した少人数能力別授業で確実にレベルアップさせます。

少人数能力別クラス編成

 1年次のプレイスメントテスト、学年修了時のアチーブメントテスト(TOEIC Bridge®)により、全学年を初級・中級・上級の3レベルに大別し、文系では、さらに40段階以上のきめ細やかなクラスに分類。自分のレベルに合った授業で英語力を伸ばし、自信がつきます。

※理系では24レベル、芸術系では8レベルとなります。

オリジナルテキスト

 1年次・2年次とも、3段階のレベルに対応する3種類の九産大オリジナルテキストを用意。 リーディング、リスニング、英会話、文法など、各クラスのカリキュラムに沿った内容を完全掲載。 このテキストをしっかり学ぶことが、確実に力を伸ばす近道です。

オリジナル e-Learning

 オリジナルテキストの内容を九産大オリジナルのe-Learningで学ぶこともできます。1号館4階のLLライブラリーには専用の端末が多数用意されており、空き時間や放課後などに、この端末を利用して予習復習する学生の姿が見られます。さらに外部からの接続も可能で、学生はいつでも利用可能です。

全学共通英語教育

 キャリアイングリッシュプログラムとは、英語教育の数値目標を達成した学生がネイティブ講師との実践的な授業を通じてビジネスの現場で即戦力となる”使える英語力”を磨くプログラム。
 修了に必要な単位数を修得し、最終到達目標である、TOEIC®650点を取得した学生に「キャリアイングリッシュプログラム修了証」を発行します。

全学共通英語教育

 3年次生を対象に夏期休暇中にオーストラリア・シドニーで集中英語研修と海外企業でのインターンシップを実施。国際社会で通用する英語コミュニケーション能力を身に付けます。

 2~4年次生を対象にネイティブ講師との1週間の集中英語合宿を行った後、国際的な業務を行う国内企業や団体におけるインターンシップを体験し、活きた英語に触れます。

※両プログラムにおいては、英語教育の目標スコアを達成した学生から研修生が選抜されます。また、大学から奨学金として研修費用の大半がサポートされます。

英語教育4年間の流れはコチラ

キャンパスライフ一覧へ戻る

ページの先頭へ