柿右衛門様式窯

柿右衛門様式窯

柿右衛門が受け継いできた技を門外不出の薪窯で体験

写真/柿右衛門様式窯

 平成12年10月にキャンパス内に設置された、登り窯と単窯の機能をあわせもつ薪窯。これは、当時、九州産業大学大学院芸術研究科教授だった故・十四代酒井田柿右衛門氏が「芸術を志す若者たちに伝統工芸の奥深さを直に感じ取ってもらいたい」と門外不出の「柿右衛門様式窯」を踏襲した窯を設計したもの。地域に開かれた大学としてのシンボルになっています。

キャンパスライフ一覧へ戻る

ページの先頭へ