総合情報基盤センター

総合情報基盤センター

情報システムを管理・運営

写真/総合情報基盤センター

 総合情報基盤センターは、「ICT(情報通信技術)のチカラ」により、学内における教育の情報化、情報教育、学術研究、事務処理能力向上の支援及び全学的なICT共同利用施設として、より良いサービスを提供するための組織です。

 主な業務内容は、学内にある情報機器を高速ネットワークで結ぶ学術情報ネットワーク「KIND3」、教育研究支援のための教育研究システム「ARMO Duo」、学生支援のための学生教育支援・事務情報システム「K’sLife」の3つの基幹・基盤システムの運用管理です。また、情報リテラシー講習会や各種情報関係資格取得講座の開講、高等学校教員を対象とした情報教育講習会、地域の子どもたちや社会人向けの各種講習会などのサービスを提供しています。

 総合情報基盤センターは、「産業と大学は、車の両輪のように一体となって、時々の社会のニーズを満たすべきである」とする建学の理想「産学一如」を「ICTのチカラ」で支援するため、つねに最新の情報基盤を整備・構築し、運用しています。

総合情報基盤センターの施設・設備及び各種サービスの詳細は、次の各項をご覧ください。

キャンパスライフ一覧へ戻る

ページの先頭へ