• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 学生がデザインしたモデルルームが完成

学生がデザインしたモデルルームが完成
2017年6月20日

 九産大工学部住居・インテリア設計学科4年生の許山若奈さん(八幡南高校)がデザインしたモデルルーム「Industrial Room〜見せる収納で片づく部屋〜」が完成しました。

 

 福岡独自の文化を全国に発信すべく、九産大とレオパレス21、タカハ機工が実施した産学連携事業で、学生がデザインした14件の提案の中から、レオパレス21の社員投票で、許山さんの作品が最優秀賞として選ばれました。

 

 許山さんは、「『見せる収納で片づく部屋』は、福岡を代表する『八幡製鉄所』からインスピレーションを受け、インテリアとしてパイプを使用するなど工業的なイメージを残した部屋に仕上がっています。このモデルルームを見たお客様が、部屋の快適さや自分で部屋をつくっていくことの楽しさを感じたりしていただければ、とても嬉しいです」と話しました。

 

展示期間:平成29年6月9日(金)〜平成30年3月31日(土)10:00〜19:00
場  所:
レオパレス21博多駅前モデルルーム(LEO NEXT)
     (福岡市博多区博多駅東3−1−11)

ページの先頭へ