ジュニア・アート・アカデミア

 
 

*ゆずフェスティバル[旧名:子どもの体験活動カーニバル]→平成15ー16年度 平成17ー18年度平成19ー20年度

*福岡市子ども読書フォーラム→平成19ー20年度平成22年度

*博多高等学園ワークショップ→LinkIcon平成19ー20年度 LinkIcon平成21ー22年度LinkIcon平成23ー24年度LinkIcon平成25ー26年度

*ビデオで遊ぼう子どもカメラマン教室→LinkIcon平成19年度

*科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー”もけいひこうき”LinkIcon平成19年度

*アートキャラバン隊→LinkIcon平成19年度 LinkIcon平成21年度LinkIcon平成26年度

*古賀子どもアート教室[旧名:土曜絵画教室]→LinkIcon平成17-19年度LinkIcon平成20-21年度LinkIcon平成22年度

*かしいキッズアート教室→LinkIcon平成19年度

*土曜子ども芸術教室→LinkIcon平成19年度

*ジュニア・アート・アカデミア→LinkIcon平成19年度

 
 


九州産業大学ジュニア・アート・アカデミア

H19junior01.jpg 
実施日:平成19(2007)年6月23日ー平成20(2008)年3月8日[全10回]
実施場所:九州産業大学、見学地
主催:九州産業大学美術館
共催:特定非営利活動法人子ども文化コミュニティ
参加者:のべ188名
 
 
 
毎月1回、本大学の学生によるサポートで、子どもも親ものびのびと心を解放し、表現する楽しさや、人とのコミュニケーション力をつけていく。午前中は展覧会を見学したり森の中を歩き、その後作品制作をする。3月には、一年間に製作した作品を展示。
子どもが親と別々で制作することで子どもたちは次第に自立心を養い、学生のサポートにより、子どもたちは親以外の他人から見守られているという自信を持つことが出来たのではないか。制作中は色鉛筆や絵の具など、様々な素材を使って自由に表現したり、試すことで自分らしさを発見する機会となり、皆で制作することが苦手だった子どもも、自然と相手に合わせる気持ちが芽生え、回を重ねるごとに自分だけではなく周りの友達の事を知り、考えるようになった。

H19junior02.jpg H19junior03.jpg