子ども読書フォーラム

 
 

*ゆずフェスティバル[旧名:子どもの体験活動カーニバル]→平成15ー16年度 平成17ー18年度平成19ー20年度

*福岡市子ども読書フォーラム→平成19ー20年度平成22年度

*博多高等学園ワークショップ→LinkIcon平成19ー20年度 LinkIcon平成21ー22年度LinkIcon平成23ー24年度LinkIcon平成25ー26年度

*ビデオで遊ぼう子どもカメラマン教室→LinkIcon平成19年度

*科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー”もけいひこうき”LinkIcon平成19年度

*アートキャラバン隊→LinkIcon平成19年度 LinkIcon平成21年度LinkIcon平成26年度

*古賀子どもアート教室[旧名:土曜絵画教室]→LinkIcon平成17-19年度LinkIcon平成20-21年度LinkIcon平成22年度

*かしいキッズアート教室→LinkIcon平成19年度

*土曜子ども芸術教室→LinkIcon平成19年度

*ジュニア・アート・アカデミア→LinkIcon平成19年度

 
 


平成20年度・19年度福岡市子ども読書フォーラム

平成20年度福岡市子ども読書フォーラム

H20dokusyo01.jpg 
テーマ:「ネリノの友だちを作ろう!」
 
実施日:平成20(2008)年11月22日(土)
実施場所:あいれふ 8F
主催:福岡市
参加者:小学1年生以上の児童 50名
 
 
 
絵本に描かれた平面世界を立体化する制作を行った。『まっくろネリノ』の読み聞かせ後、毛糸を使いネリノの友だち(小さなマスコット人形)を制作。人形制作時に出た毛糸の切りくずをハガキに貼り、もう一つ作品を作った。最後に人形を鳥かごに見立てたオリジナルボックスに入れ、ハガキを首から吊るせるように仕上げた。
このプログラムは美術館ボランティアによる企画のもと「社会教育計画」受講生が当日の進行や人員配置を考えていった。事前に練習会を行い試作することで、子ども達に制作工程を分かりやすく伝えることができた。毛糸でネリノを作ることによって、絵本の世界を触覚でも感じてもらうことができたと思われる。
 

H20dokusyo02.jpg H20dokusyo03.jpg 

平成19年度福岡市子ども読書フォーラム

H19dokusyo03.jpg 
テーマ:「絵本の国のお菓子工房〜君も三つ星ねんどパティシエ〜」

 
実施日:平成19(2007)年11月23日(金・祝)
実施場所:あいれふ8F、9F
主催:福岡市
参加者:小学1年生以上の児童 119名
 
 
※西南学院大学人間科学部児童教育学科とのコラボレーションで実施

読み聞かせのコーナー(西南大学の学生が担当)で読まれた絵本の中に出てくるお菓子を、パティシエに扮して紙ねんどを使って実際に制作。
「社会教育計画」の受講学生11名が授業の一環としてプログラム運営に参加。
絵本に描かれている“絵”を忠実に再現出来るように、香りにバニラエッセンスを使用するなど、試作を重ねて材料と作り方(レシピ)を準備した。また、当日は参加者全員に役割にあった衣装を準備し、絵本の世界を五感で感じる事が出来るようにした。絵本そっくりの紙ねんどお菓子に、参加者からは「本当にパンのにおいがする!」という声も聞こえ、想像以上に絵本の世界を体感出来たようだ。また、今回初めて取り入れた衣装は目で楽しむだけではなく、ボランティアもモチベーションも高める役割を果たした。
 

H19dokusyo01.jpg H19dokusyo02.jpg 

▲ ページトップへ