ビデオで遊ぼう子どもカメラマン教室

 
 

*ゆずフェスティバル[旧名:子どもの体験活動カーニバル]→平成15ー16年度 平成17ー18年度平成19ー20年度

*福岡市子ども読書フォーラム→平成19ー20年度平成22年度

*博多高等学園ワークショップ→LinkIcon平成19ー20年度 LinkIcon平成21ー22年度LinkIcon平成23ー24年度LinkIcon平成25ー26年度

*ビデオで遊ぼう子どもカメラマン教室→LinkIcon平成19年度

*科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー”もけいひこうき”LinkIcon平成19年度

*アートキャラバン隊→LinkIcon平成19年度 LinkIcon平成21年度LinkIcon平成26年度

*古賀子どもアート教室[旧名:土曜絵画教室]→LinkIcon平成17-19年度LinkIcon平成20-21年度LinkIcon平成22年度

*かしいキッズアート教室→LinkIcon平成19年度

*土曜子ども芸術教室→LinkIcon平成19年度

*ジュニア・アート・アカデミア→LinkIcon平成19年度

 
 


ビデオで遊ぼう!子どもカメラマン教室

H19video01.jpg 
実施日:平成19(2007)年8月29日(水)
実施場所:九州産業大学校内、
     17号館 17304、17305番教室
主催:九州産業大学美術館
共催:福岡市立早良障がい者フレンドホーム
参加者:15名(親子7組 ※一組のみ3名で参加)
 
 
 
デジタルハイビジョンビデオカメラを使用したワークショップ。
参加者には一組に一台のビデオカメラが準備され、午前中は大学構内を探検し自由に撮影、午後からはしりとりの言葉を映像で表現する“映像しりとりゲーム”にチャレンジした。ワークショップの終わりには、スクリーンを使用し、撮影した映像の上映会を行った。
子ども達のビデオカメラに対する興味度は大きく、構内を走り回り楽しそうにカメラをまわす姿を多く見ることが出来た。操作の難しさが不安材料であったが、事前に準備を行い子ども達がする操作を「録画ボタンを押す」にしていた事で問題なく実施できた。最初は初めて会う子ども達に上手く自分の気持ちを伝えられないボランティアもいたようだが、時間に経つにつれて会話をし一緒に考えながら進んでいくという姿をみる事が出来た。
 

H19video02.jpg H19video03.jpg