• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 工学部学生が福岡県建築士会賞を受賞!

工学部学生が福岡県建築士会賞を受賞!
2016年4月12日



 九産大工学部住居・インテリア設計学科を今春卒業した吉田有希奈さん(九産大付属九州産業高校)が、株式会社三好不動産との連携事業「学生ブランドによるマンションリノベーション」の一環として取り組んだ卒業設計課題「小さなしあわせツールを使用した賃貸住宅の設計」が、福岡県建築士会賞を受賞しました。

 この課題では「賃貸住宅におけるしあわせ」を追及した部屋づくりを目指しました。


 4月からハウスメーカーのインテリアコーディネーターとして働いている吉田さんは、「1年間試行錯誤して導き出したものが評価され光栄に思います。1年生の頃から、マンションのリノベーションというテーマで卒業設計に取り組みたいという目標を掲げていました。三好不動産をはじめ、ご協力いただいた皆さまには、学生だからと甘やかすことなく、時には厳しい対応をしていただいたからこそ、結果につなげることができたと思います」と受賞の感想を述べました。

 

 また、「社会人としてさらに学ぶことがたくさんあり、苦労や挫折を経験することもあると思いますが、この経験を糧に精進していけるよう頑張りたい」と、抱負を語りました。

 

≫卒業設計梗概

≫冊子「小さな幸せツール」

※副成果として、これから部屋づくりを行う人がどういう空間にしたいか、「動線・間取り」、「アクセサリー」、「スタイリング」に分けて、メーカーに分かりやすく伝えるための冊子を作成

 

ページの先頭へ