• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 香椎商工連盟と連携! 工学部学生の活動が「都市・まちづくりコンクール奨励賞」

香椎商工連盟と連携! 工学部学生の活動が「都市・まちづくりコンクール奨励賞」
2016年3月25日

 九産大工学部住居・インテリア設計学科の3年生が、福岡市東区みゆき通り商店街のまちおこしとして取り組んだ活動「LEAF LETTER〜インテリアから巻き起こすまちおこし〜」が、大阪で開催された都市・まちづくりコンクール全国審査【写真上】において、奨励賞を受賞しました。

 この活動は、昨年、インテリア設計を専攻する学生が香椎商工連盟と連携して、
商業ビルに期間限定でオープンした雑貨店「LEAF LETTER」【写真下】の企画・設計・施工・経営を実施したものです。さらに、商店街内外での広報活動、ワークショップなどの集客イベントを行い、商店街に女子学生や若い母親を主とする従来にない客層の流れを創出することに成功しました。

 活動のリーダーを務めた同学科3年の迫田和樹さん(鹿児島工業高校)は、コンクールの全国審査を振り返り、「他大学の作品のレイアウトや模型のクオリティに学ぶところが多く、今後の卒業研究に生かしていきたいと思いました」と感想を話しました。

【受賞学生】※敬称略

江本卓生(福岡工業高校)、岡村信一郎(東福岡高校)、小野将司(森高校)、迫田和樹(鹿児島工業高校)、寺本湧哉(九産大付属九州産業高校)、東 晃生(小郡高校)、

森 浩史(九産大付属九州産業高校)

【関連記事】
≫学生プロデュースの雑貨店が香椎みゆき通りにオープン

≫工学部学生が福岡市ビジネスチャレンジ事業に採択

 

ページの先頭へ