MENU

奨学制度

本学では、本学独自の奨学制度と独立行政法人日本学生支援機構の制度により、在学生の約半数に対して経済的支援をしています。

■本学独自の奨学金

※下記表を指で左右にフリック、ピンチで拡大しご覧ください。
名 称 趣旨・目的 種 別 金 額 採用者数 採用決定時期
中村産業学園
創立50周年記念
勉学意欲が旺盛でありながら、経済的に修学困難な学生を支援。
(成績基準を満たすことにより最長4年間継続可能)
給 付 36万円
(年額)
295人 6月
上野拓記念 故上野拓九州産業大学工学部教授の教育理念を顕彰するために、上野家より寄付された5千万円の果実を奨学資金とし、有為な人材を育成。 給 付 24万円
(年額)
日本人学生
2人
外国人留学生
1人
7月
九州産業大学
外国人留学生
勉学意欲を持ちながら、経済的に修学困難と認められる私費外国人留学生(2年次以上の学部生)を支援。 給 付 36万円
(年額)
10人 6月
同窓会楠風会 同窓会楠風会が大学に在籍する学生(3・4年次生)に対し、学生生活の向上を図り、社会に有用な人材を育成。
※留学生は学部に在学する2〜4年次生を対象。
給 付 24万円
(年額)
日本人学生
35人
外国人留学生
10人
日本人学生
7月
外国人留学生
10月
九州産業大学
(応急貸与)
主たる家計支持者の失職等により修学困難な学生に対し、応急奨学金を貸与し、その学業を継続させ、社会に有用な人材を育成。 貸 与
(無利子返還)
60万円を限度
(年額)
若干名 随 時

印の奨学金は外国人留学生も対象となります。取扱窓口は国際交流センターです。

(注)学内奨学金制度については、変更になる場合もあります。必ず厚生課掲示板および国際交流センター窓口で確認してください。

■ 本学以外の奨学金

日本学生支援機構奨学金

※下記表を指で左右にフリック、ピンチで拡大しご覧ください。
名 称 種 類 金 額 採用者数 採用決定時期
日本学生支援機構 貸与
 第一種
  (無利子返還)
 
 第二種
 (年3.0%を上
 限とする有利子返還)
第一種
 自宅通学……
 (月額)30,000円または54,000円
 自宅外通学…
 (月額)30,000円または64,000円
第二種
 (月額)3・5・8・10・12万円から選択
定期採用
 1年次生…………240人
 2年次生以上 …… 64人
緊急・応急採用
 全学年…………… 0人
全奨学生数
 (継続貸与者含む)
      ………4,895人
定期採用
 全学年 … 7月
緊急・応急採用
  …………随時

※日本学生支援機構の緊急・応急採用について…日本学生支援機構奨学金は、定期採用(日本学生支援機構が期間を定めて募集を行うもの)のほか、家計が急変し、その事情が発生したときからおおむね1年以内である場合、第一種においては緊急採用、第ニ種においては応急採用の制度がありますので、学生部厚生課へ相談してください。

地方公共団体・民間育英団体等奨学金(給付・貸与)

皆さんの居住地の各種地方公共団体および民間育英団体の奨学金があります。詳細は、厚生課掲示板または各団体のホームページで確認してください。

■ 入学試験の成績等優秀者への奨学金

入学後の学業を奨励し、社会に貢献できる人材育成を目的に、一般入試、芸術学部実技入試、大学入試センター試験利用入試の成績上位者100人を対象に入学年度から最長4年間の授業料約260万円(文系学部相当額約65万円×4年)を免除します。この他、本学が指定した資格取得・コンテスト、公募制推薦入試の成績上位者を対象に、入学年度の授業料(文系学部相当額)を免除する制度です。

詳細については 入試課 TEL 092-673-5550 までお問い合わせください。

■ 入学後の成績等優秀者への奨学金

2年次生以上に在学する学生を対象に、学業成績が特に優秀な学生を「学術特待生」として選考し、文系学部授業料相当額約65万円(経済学部夜間主コースおよび商学部第二部は当該学部授業料相当額)の奨学金を給付します。2015年度の学術特待生は90人でした。

前ページに戻るページトップへ
  • 奨学制度
  • ライフスタイル
  • 施設・設備
  • ロケーション
  • 資格取得
  • 就職状況
  • 留学・国際交流
  • facebook
  • 九州産業大学
  • KSUZ
  • 九州地区私立大学入試 広報連絡協議会
  • 大学入試センター試験 過去問題集
Copyright © Kyushu Sangyo University Entrance Examination Division