学部・大学院

経済学部

人々の生活に関わる経済を学び、
地域や世界の諸問題を理論的に考える力を養います。

育成する人材

経済学の基礎から実践力まで。社会人力を幅広く体得

経済の発展を担い、さまざまな問題と課題に対応できる人物を育てたい。経済学部では、専門の学問分野での学びと同時に、実践企画演習や海外研修など現場での学びも重視します。多様な人間関係の中で自らの役割と課題を見出すことができる人材の養成を目指しています。

学びの特長Ⅰ

卒業後を見据えた「モジュール・ユニット制」を導入

「卒業後には、国際的なビジネスの場で活躍したい」「公務員になりたい」「地元経済の発展を支える企業で働きたい」。経済学部では、学生一人ひとりの多様な夢の実現に向けて、もっとも効果的な科目の履修ができる「モジュール・ユニット制」を導入します。横断的、系統的、重点的な履修が可能で、卒業後のイメージに合わせ、自分でユニットを自由に選択し、多様な学びができます。いわば、自分で自身の学びを「カスタマイズ」するのです。

学びの特長Ⅱ

意欲の高い学生をとことん伸ばす「トップアップ・プログラム」

毎年、各学年の成績優秀者30名を表彰しています。また、将来、公務員、教員になりたい人、あるいは会計関連の資格を取得したい人向けに「特別クラス」を設置し、きめ細かい指導を行います。これと自主的勉強会である「めざす会」との連携により、本人の夢実現のためきめ細かくサポートしていきます。さらに、地元の優良企業へ就職を希望する意欲の高い学生向けに、学部独自のSPI対策授業や個別面接・論文指導などのキャリア教育を行っています。4年間を通じ、経済学検定、時事検定、数学検定、日本語検定など、細かい目標設定を行い、学習意欲を維持するよう、つとめています。

写真/

将来就きたい職業を早くから意識し、体系的に学ぶ。

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life