平成29年度の就職・採用活動について(必読)
 

HOME > ジュニア・アドバイザー
ジュニア・アドバイザー制度とは、早期に就職が内定し就職活動を終えた4年次生が、就職活動に取り組む3年次生に対し、自身の経験から解り易くアドバイスを行っていくもので、平成15年度に発足した本学独自の"学生による学生のための"就職活動サポート制度です。「就職活動に真剣に取り組む後輩たちを少しでも手助けしたい!」との想いからボランティアで集まった有志集団で、「就職したいけど、就活っていったい何をすればいいの?」に学生の視点から親切丁寧にアドバイスしたり、模擬グループディスカッションや模擬面接会等のイベントを開催しています。もちろん1・2年次生に対しても、「今のうちから心掛けておかなければならないことや、そのための準備」などについて優しくアドバイスしています。ジュニア・アドバイザーは、卒業後もキャリア・アドバイザーとして社会人の立場から助言・支援を行っています。

ジュニア・アドバイザーの活動内容


平成28年度(第14期)ジュニア・アドバイザ−
(平成29年3月卒業)
  後期(10月〜3月)にキャリア支援センター内のフロアの一角に常駐しています。学生生活の過ごし方や就職活動に関する身近な相談相手として、学年を問わず何でも気軽に相談に来てください!

自己分析の方法、履歴書・エントリーシートの作成指導
業界・企業研究、企業情報収集、企業へのアプローチの方法指導
就職活動体験談発表会(パネルディスカッション)開催、模擬面接指導
その他、就職活動全般に関する助言・支援、低学年次生の学生生活の過ごし方アドバイス
HOME > ジュニア・アドバイザー