• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 工学部学生の卒業設計が東区いきいきまちづくり提案事業に採択

工学部学生の卒業設計が東区いきいきまちづくり提案事業に採択
2015年7月7日

 工学部住居・インテリア設計学科4年の佐藤太紀さん(祐誠高校)の卒業設計プロジェクト「DREAM ART GARDEN 2015 〜叱られたい僕らがお年寄りとコラボするリア・プロジェクションマッピング〜」が東区いきいきまちづくり提案事業(主催:福岡市東区役所)に採択されました。「DREAM ART GARDEN」は昨年に続き2年連続の採択となります。

 

 昨年度実施した「DREAM ART GARDEN 2014 〜大学を開放しこどもたちの夢を実現するインスタレーション〜」(写真下)では、近隣の園児が描いた絵の灯籠で学内を照らしました。

 今年は、地元東区の高齢者を中心とした1,000人の、学生への激励メッセージや書を使って、たくさんの障子をつくり、キャンパス内に設置。障子の後ろ側から光を当てるプロジェクトとして11月に開催予定です。

 

 佐藤さんは「プロジェクトを通して、地元の方々にもっと九産大を知っていただければうれしいです」と話しています。

 

【DREAM ART GARDEN 関連記事】

≫住居・インテリア設計学科学生のプロジェクトが「日本都市計画学会九州支
部長賞」を受賞
≫地域との交流を広げる光のプロジェクト DREAM ART GARDEN 2014
≫園児が絵を描いた灯籠が学内を照らしました 
九産大を地域の交流拠点に

ページの先頭へ