小さな芸術家になろう!



第18回WS ブックデザインをやってみよう
─ノートでつくるお気に入りの一冊─

実施日:2007.07.22 参加者:27名 (応募33名)

1、ワークショップのはじまり

H19WS01 001-01.jpgH19WS01 001-02.jpg

曇り空に時折雨もぱらつく中、始まった「ブックデザイン」のワークショップ。
今回は、学生ボランティア30名と博物館実習生8名(以下、学生)、美術館受付ボランティア3名、計41名の強力なサポートを得て、実施しました。
まずは、受付。
美術館スタッフと学生達の名前や顔写真などが掲載された「しおり」と作り方が掲載された「ブックデザインのおはなし」が子ども達に手渡され、今日所属する班が伝えられます。
緊張した面持ちで受付へやってきた子ども達も、同じ班になった学生のリードで自己紹介をするうちに緊張がほぐれ、笑顔がこぼれていました。

2、作業部屋へLet's Go!

H19WS01 002-01.jpgH19WS01 002-02.jpg

今回は、デザインがテーマのため、本学芸術学部デザイン学科の学生が日ごろ、実習で使用している教室(17号館6階)で制作を行いました。

受付から作業部屋へ移動する道すがら、子ども達は美術館3Fオープンスペースで彫刻作品を見たり(彫刻作品は、常時一般の方に公開しています)、デザイン学科の教室付近では、掲示板一面に貼られた様々なポス ター に注目したり、ガラス張りのエレベーターホールから外の風景を眺めたり。ちょっとした冒険です。

▲ ページトップへ

3、紙を選ぼう(作業風景1)

H19WS01 003-01.jpgH19WS01 003-02.jpg

作業部屋の隣に設けた「紙の部屋」で「見返し」と「表紙」に使用する紙を選びます。
「見返し」とは、ハードカバーの書籍の表紙と中身をつなぐ厚手の紙のこと。今回は、22色の色画用紙を準備しました。
「表紙」にする紙は、巨大な色画用紙や和紙、そして包装紙や紙袋などから選びます。
指定のサイズにカットされたプラ板を定規代わりにし、えんぴつで線を引いてハサミで切ります。ハサミでケガをしないよう、学生が見守る中、子ども達はえんぴつの線に沿って丁寧に紙を切っていました。

▲ ページトップへ

4、中身+表紙=本(作業風景2)

H19WS01 004-01.jpgH19WS01 004-02.jpg

作業部屋に戻り、制作開始。アイデアシート(下描き用紙)にデザインを描いたら、まずは本の中身を作ります。市販のノートの表紙をはがし、見返しを貼ると中身が完成です。
次は表紙を作ります。紙の部屋で選んできた表紙用の紙に厚紙(表紙・裏表紙・背表紙のサイズに事前に切っておきました)を所定の位置に貼り付けます。完成した中身と表紙を貼り合わせると、ハードカバーのノートが完成です。
難しいところは学生がサポートし、子ども達は夢中で作業を進めていました。

▲ ページトップへ

5、おなかペコペコ、お昼ごはん

H19WS01 005-01.jpgH19WS01 005-02.jpg

約1時間作業をしたところで、午前の制作は終了し、 待ちに待ったお昼ごはん!
おしゃべりをしたり、おかずを交換したりしながら、子どもも学生もみんな笑顔でお弁当を平らげました。
おなかがいっぱいになり、学生ともうち解けた子ども達は元気いっぱい!!
こちらを見れば、教室中を駆け回って鬼ごっこ。あちらを見れば、黒板に落書き合戦。
そちらを見れば、撮影スタッフからデジカメを借りて撮影会・・・子ども達のパワーに圧倒されながらも、学生達は必死で子ども達と遊んでいました。。

▲ ページトップへ

6、表紙の飾り付け(作業風景3)

H19WS01 006-01.jpgH19WS01 006-02.jpg

午後からは、いよいよ表紙の飾り付けです。
「不透明のサインペン」「色えんぴつ」「毛糸」「麻ひも」「わた」「フェルト」「ビーズ」「ラメのり」「色紙」「色画用紙」「気泡シート」「ダンボール」、これらの材料を自由に使って、思い思いに表紙を飾り付けていきます。

材料の中で人気が高かったものは、「フェルト」「ビーズ」「ラメのり」。
アイデアシート (下描き用紙) を忠実に再現する子が多く、動物の体のパーツごとにフェルトをハサミで小さく切ったり、つまようじを使ってビーズを一つ一つ貼り付けたりと、その装丁職人さながらのこだわりように、学生達は舌を巻いていました。

▲ ページトップへ

7、展覧会の準備(作業風景4)

H19WS01 007-01.jpgH19WS01 007-02.jpg

作品が完成した子ども達は展覧会に向けて、班名のキャプションと自分の名前のキャプションの制作を行いました。
色画用紙に色紙やサインペン、ラメのりやビーズ をふんだんに使って作った キャプションは作品にも劣らない力作ぞろいでした。
これで、準備万端。それでは、展覧会会場へ移動しましょう!

▲ ページトップへ

8、展覧会へようこそ

H19WS01 008-01.jpgH19WS01 008-02.jpg

今回の展覧会会場は、今年3月に竣工した2号館1階にある円形ホールです。
ガラス張りで開放感のあるこのホールは、普段学生の憩いの場となっています。

会場に到着した班から作品を展示。
展覧会を観に来た保護者の皆さんは、「これを子ども達が作ったの?!」と驚きの表情を浮かべながら、我が子だけでなく子ども達全員の作品を一点一点熱心に鑑賞していました。「私も作ってみたい!」と材料や道具に関して質問をするお母さんの姿も。

お父さんやお母さんに自分の作品について説明をする子ども達、そしてそれを見守る学生達の表情は、梅雨空を吹き飛ばすほどキラキラと輝き、達成感に満ちあふれていました 。

▲ ページトップへ