• 法人・団体の方
  • よくある質問

ご支援のお願い

ご支援のお願い

 本学園は、「産学一如」を建学の理想に掲げ、1960年(昭和35年)に九州産業大学の前身である九州商科大学を創立しました。1968年(昭和43年)には併設校として九州造形短期大学(現、九州産業大学造形短期大学部)を創立し、現在では、両大学の1万人を超える学生が同じキャンパス内で学ぶ西日本屈指の規模へと発展いたしました。これもひとえに皆様方のご支援とご協力があってのことと深く感謝申し上げます。

 本学は、創立以来、地域社会に軸足をおき、高等教育機関として有為な人材を育成し、これまで12万人もの卒業生を各界へ輩出してまいりました。現在、政治・経済・社会の状況が急激に変化する中、「心身ともに健全な国際的教養人の育成」を教育目標に掲げ、人材育成に取り組んでおります。また、創立60周年を迎える2020年までの5ヵ年間の「中期事業計画」を策定し、この期間を「第2の創生期」と位置づけ、「実践的教育、地域に根ざした研究・社会貢献」を通して、九州を基盤とした「地域密着型大学」を目指しています。

 本学園では、平成27年4月から、毎年、より多くの学生が勉学や課外活動等において、充実した学生生活を送ることができるよう「学生の成長のために」を基本に、さらなる質の高い教育・研究環境の整備充実を図る観点から、広く、個人・法人の皆様方へ募金事業へのご協力をお願いしております。

 そのような中で、平成30年4月から、本学の念願であった入学式や学位授与式を一堂に会して開催できる規模を誇る「大楠アリーナ2020」建設特別募金をお願いしております。

 誠に恐縮ですが、本学園の募金事業にご理解をいただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  • 一ノ瀬理事長学校法人中村産業学園
    理事長
    一ノ瀬 秋久
  • 榊学長九州産業大学学長

    榊 泰輔
  • 黒岩恭介短大学長九州産業大学
    造形短期大学部学長
    黒岩 恭介
WEBで申し込む
お知らせ 「大楠アリーナ2020」ができるまで
寄付者の皆さまからの応援メッセージ

匿名 様

本学の今後ますますの発展を祈念しております。

新地 文彦 様

一切の人生の果実は、その人の蒔いた種子のとおりに表現してくる。

匿名 様

九州産業大学の更なる発展を期待しています。学生の皆さんの活躍を期待しています!

匿名 様

九州産業大学の更なる発展と活躍を期待します。

宮原 裕花 様

創立60周年おめでとうございます。

松浦 愼治 様

九州産業大学が充実・発展していることに喜びと誇りを感じます。これからもよろしくお願いします。

佐柳 泰雄 様

世界を牽引する大学を目指して下さい。

匿名 様

九産大生の活躍するニュースをいつも楽しみにしています。そして今後も特色のある教育や研究によって、さらに発展されますことを祈念しています。

 

匿名 様

日本精神を根本として、志ある人材の育成を期待します!

匿名 様

更なる勉強最適環境向上にがんばって下さい。

匿名 様

地域とともに歩み続ける貴学園の更なる飛躍を、微細ではありますが支援させて頂きたいと思います。

猿渡 一義 様

最近の学生、教職員の方々のご活躍を嬉しく思います。また、学内の学ぶ環境作りに将来性と一貫性を強く感じています。益々のご発展を微力ながら応援します。

上野 昇 様

創立60周年おめでとうございます。素晴らしいアリーナの建設に向け、遠いところからですが募金の協力をさせていただきます。

池田 和興 様

創立60周年おめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。更なる躍進をお祈りいたします。

匿名 様

1年生保護者です。教職員の皆様・先輩方の熱意に感謝し、陰ながら応援させていただきます。

藤本 健二 様

社会に旅立とうとする子供たちに最大のバックアップと、本大学のさらなる発展を望みます

大西 純一 様

中村治四郎先生の「創設の精神」を今後も継承していきましょう。

有働 和博 様

貴学園の今後益々のご発展を心より祈念いたします。

匿名 様

卒業後に、さらに愛着ある学校にしてください。

平野 貫之 様

60周年記念事業の御成功を心より祈念しております。

吉岡 毅 様

母校が益々発展していく姿を見ると嬉しい気持ちになります。
寄付したお金については、有意義に使って頂ければ幸いです。

匿名 様

九産大の学生一人ひとりが各方面で活躍することを願っています!

もっと読む
寄付者の皆さまへ お礼とご報告
法人・団体の方はこちら