DEPARTMENT学科・専攻の紹介

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける? 新生「芸術学部」2016年始動。

モノ-空間-時間をデザインし、
豊かな暮らしや環境をつくりだす。

生活環境デザイン学科では、人間が生活を営む環境をより良くするため、伝統的・先端的な技術・技法や考え方を学び、それらを活かす構成力や造形力を実践的な授業を通して修得します。豊かな暮らしや環境をつくりだす生活環境デザイン分野の専門家を育成します。人間の手により生み出されるモノ、機械により生み出されるモノ、モノを組み合わせ生み出される空間、空間を演出し生み出される現象とともに、それらに人間が関わり生み出される時間をデザインする能力を養います。

学科を代表する科目

工芸デザイン基礎実習ABC

金属工芸・陶芸・染織の基礎となる実習授業です。金属工芸では「彫金」を、陶芸では「ロクロ成型」を、染織では「平織」をそれぞれ学びます。各分野の素材や道具の特性をつかみ、工芸に関する知識を深めます。

材料加工実習B

雑貨や生活用品などのデザイン課題を通してプロダクト製品で多用されるプラスチック材料の加工を体験します。また、デザイン提案模型を製作する際に必要なモデリングの基礎や工作機械の使い方についても学びます。

空間演出デザイン基礎演習

空間演出デザインを行ううえで基軸となる「身体」から考察し、身体寸法、家具、空間エレメントなどへと検討対象を展開しながら演習課題を行い、空間演出デザインにおける発想や表現の基礎を学びます。

© 2016 KYUSHU SANGYO UNIVERCITY - FACULITY OF ART AND DESIGN -