• HOME
  • 大学院[芸術研究科]

SUPPORT産む力を育む

大学院(博士前期課程、博士後期課程)
産む力を育む学びのステップ

大学院[芸術研究科]GRADUATE SCHOOL

高度な専門性と芸術領域を横断する幅広い視点から次代の芸術文化にアプローチする。

経済・国境・文化のボーダレス化、科学技術の急激な進展などを背景に、芸術の世界も旧来の境界線を越えマルチプルに融合することで、表現の可能性を大きく広げています。本学の芸術研究科は、そうした社会のニーズや芸術の新たな動向を見据え、「美術」「デザイン」「写真」の3領域について専門的かつ学際的に探求。未来のクリエイティブリーダーを育む理想的な芸術研究の場がここにあります。


伊東朋宏

博士前期課程 / 写真 / 筑陽学園高校出身

  • 九芸に入学してからは、3年生くらいまでは、自分の作品の世界観を理解されないことを悩んでいました。でも、4年生になってからようやく自分が表現したいものの折り合いがつくようになり、自然と周りの評価も変わってきたように思います。自分のスタイルが確立できた感じです。道が開けるまで、とにかく写真を撮り続けました。大学院に進もうと思ったのは、論文を書きたいと思ったから。そして、写真表現について、もっと学びたいという想いがありました。将来は、自分の写真集を出すことが一番の目標です。

松崎ユメノ

博士前期課程 / 工芸デザイン / 九州産業大学付属九州高校出身

  • 2、3年生の頃は、とにかくろくろを回していました。なかなか思い通りの作品ができなかったのですが、先生に相談するといつもやさしくアドバイスをくれました。今後長く陶芸に触れ合っていたい、もっと研究したいと思い、大学院に進みました。一時は大きな作品なども作ったりしましたが、これからは小さいもの、日常で使う器を作りたいです。高校からやっていた絵を活かした絵付けにも挑戦したいです。夢は、陶芸作家として活動し、色んな人の食卓に自分のつくった器を並べてもらえるようになりたいです。

© 2016 KYUSHU SANGYO UNIVERCITY - FACULITY OF ART AND DESIGN -