DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

プロダクトデザイン専攻

生活に密着した商品の企画・デザイン
「もの」を中心としたデザイン開発を学ぶ。

日本が長年得意としてきたものづくり。近年では新興国の台頭により新たな局面を迎えています。成熟した日本では、社会性やグローバルな感覚を持ち、生産手法に関する知識に加え、美的感覚に優れた人材が求められています。本専攻では、充実した工房設備を活用して、手加工から先端技術を用いた造形までを学び、理論と実践のバランスがとれた人材を育てます。企業や組織における活動を意識した課題解決型の演習・実習科目を数多く学んでもらうことで、次世代のものづくりを支える人材を輩出します。

学びのキーワード

雑貨 / 玩具 / 家具 / 家電 / 情報機器 / 福祉機器 / トランスポーテーション / 
デザイン企画 / スタイリングデザイン

コア科目

プロダクトデザイン論

安全で快適な生活環境を形づくるために、人とものの理想の関係を計画し、創造するための講義です。前半はプロダクトデザインの基礎理論を、後半は自動車メーカーなど企業現場におけるデザインの実務を学びます。

プロダクトデザイン演習

雑貨や玩具、家具や家電、自動車やロボットなど多様なテーマを設定し、商品企画から商品デザイン、モデリング、提案の過程を実際に体験し、プロダクトデザイナーとしての方法論や仕事の進め方などを学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

企業のデザイン・商品開発部門 / 商品企画・プランナー / プロダクトデザイナー / 
家具デザイナー / 雑貨デザイナー / デザインモデラー など

学生

デザインで何をかたちにするか夢が具体的な目標に

  • 小林 李緒Rio Kobayashi4年生
  • 大分県立情報科学高等学校卒業

工業系の高校でものづくりを学ぶ中で、誰かが考えたものではなく、自分で考えたものをかたちにしたいと思うようになり、プロダクトデザインに進みました。テクノアートというプロジェクトでは、理工学部で電子工学を学んでいる学生とコラボして「君もエアギターリストだ!」というおもちゃを企画、制作しました。左手にギターのネックのかたちをした部品を持ち、右手にはリストバンドのような部品をつけ、腕を動かす動作に反応してライトが光り音楽が流れるというものです。外装のデザインや配色を私が考え、音や光の出る仕組みを電子工学のメンバーが担当しました。光り方なども細かく伝え実装してもらい、思ったとおりに作り上げ、最優秀賞をいただくことができました。将来はCMFデザイナーとして、世界中に自分が考えた色や素材の車を世に送り出すことが目標です。おおまかなデザインというくくりしか知らなかった私ですが、九芸で学ぶなかで具体的な夢を見つけることができ、充実した日々を過ごしています。