DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

プロダクトデザイン専攻

生活に密着した商品の企画・デザイン
「もの」を中心としたデザイン開発を学ぶ。

日本が長年得意としてきたものづくり。近年では新興国の台頭により新たな局面を迎えています。成熟した日本では、社会性やグローバルな感覚を持ち、生産手法に関する知識に加え、美的感覚に優れた人材が求められています。本専攻では、充実した工房設備を活用して、手加工から先端技術を用いた造形までを学び、理論と実践のバランスがとれた人材を育てます。企業や組織における活動を意識した課題解決型の演習・実習科目を数多く学んでもらうことで、次世代のものづくりを支える人材を輩出します。

学びのキーワード

雑貨 / 玩具 / 家具 / 家電 / 情報機器 / 福祉機器 / トランスポーテーション / 
デザイン企画 / スタイリングデザイン

コア科目

プロダクトデザイン論

安全で快適な生活環境を形づくるために、人とものの理想の関係を計画し、創造するための講義です。前半はプロダクトデザインの基礎理論を、後半は自動車メーカーなど企業現場におけるデザインの実務を学びます。

プロダクトデザイン演習

雑貨や玩具、家具や家電、自動車やロボットなど多様なテーマを設定し、商品企画から商品デザイン、モデリング、提案の過程を実際に体験し、プロダクトデザイナーとしての方法論や仕事の進め方などを学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

企業のデザイン・商品開発部門 / 商品企画・プランナー / プロダクトデザイナー / 
家具デザイナー / 雑貨デザイナー / デザインモデラー など

学生

授業プラスαでやりたいことができる
モノづくりを志す人にはベストな学びの場。

  • 清水 惠丞 Keisuke Shimizu3年生
  • 東福岡高校(福岡市)出身

きっかけは、九芸卒の従兄弟がカーデザイナーになったことです。それに憧れて"モノづくりの道"を志しました。大学の一番の魅力は、設備が充実しているところです。家具をつくれる工房もあれば、ろくろをまわせる工芸系の設備もある、3DやCGにも挑戦できる。自分が思っていた以上のモノづくりの経験が手軽にできる、貴重な学びの場ですね。授業の他にも、さまざまなプロジェクトに参加しています。HRRC(ヒューマンロボティクス・リサーチセンター)という産学連携プロジェクトでは、介護用のロボットデザイン開発に取り組んでいます。授業プラスαでやりたいことが出来るので、毎日が楽しくて学校に入り浸っていますね(笑)。具体的な目標がある人にとってはもちろんいい環境ですが、ぼんやりこの道に進みたいと思っている人にとっても、いろいろな学びの中からきっと「やりたいことがみつかる」近道になると思います。