DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

絵画専攻

豊かな感性とコミュニケーション能力を持つ美術家を養成。

入学時より油彩画、日本画、版画等を幅広く学びます。2年次から洋画クラス(油彩画、アクリル画、インスタレーション等)と日本画クラス(岩絵の具、水干絵の具、墨、箔等)に分かれ、3年次から洋画クラスから分かれた版画表現クラス(木版画、銅版画、リトグラフ、スクリーンプリント等)を加えた3クラスで高い専門教育を行います。さらに、ミクストメディアや保存修復等を新たな学びの対象として加え、絵画の多様な領域への対応も実践します。

学びのキーワード

油画 / 日本画 / 版画 / ミクストメディア

コア科目

絵画表現実習Ⅰ(洋画クラス)

油彩画やアクリル画の基礎的な技法や素材について学び、洋画における描写力を修得します。美術史にそって古典技法から現代まで幅広い表現を体験し洋画の知識を深め、自己の探求へと展開します。

絵画表現実習Ⅰ(日本画クラス)

胡粉、岩絵の具、水干絵の具、膠など素材の基本的知識を理解し、日本画の様々な表現を学びます。先人の線や空間意識を学び、伝統的な表現を現代の自己の作品の表現に繋げて行くことを目指します。 

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事など

将来の進路

画家 / 美術家 / マンガ家 / デザイナー / 美術・工芸系教員 / 学芸員 / 
保存修復家 / 絵画教室経営など

学生

昔のアートを、自分風、現代風にアレンジする作品づくりに挑戦中!

  • 飛島 達也 Tatsuya Tobishima3年生
  • 九州産業大学付属九州高校(福岡市)出身

大学進学を目指したのは、もともと教職を取ろうと思ったからでした。でも、進学が決まった後の休みに、高校の美術の先生に勧められてある美術展に行ったんです。そこで、カラヴァッジオという画家の作品に出会い、その圧倒的な力に衝撃を受けました。今は、絵を描きたいという思いで、ひたすらキャンバスに向き合う毎日です。カラヴァッジオが活躍した時代の画の魅力は、ストーリーがあること。ネットで調べたり、画集をみたりしてそんなところも勉強しています。自分では、昔の個展で描かれていたテーマを、自分風、現代風にアレンジする作品に取り組んでいます。何かを押し付けられることもなく、絵に打ち込める環境はありがたいです。今後は、絵に詳しくない人にも興味をもってもらえるような活動がしたい。そのためにも、メディアを通じて知られるような、新しいアートの仕組みも展開したいと思っています。