DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

立体造形専攻

芸術的、デザイン的感性を持って社会に貢献できる人材を。

現代社会において立体物は、自然形態、人工形態など無限に存在します。今後、社会はアート的な物やデザイン的な物が多く存在することで、精神的、物質的に潤った文化社会となります。本専攻では、社会が求めるニーズに応えられる、幅広い造形力(総合造形)を身につけるカリキュラムを用意しています。さらに、彫刻等の従来の分野の他に、スチロールワーク、ペーパークラフト、フィギュア、キャラクターオブジェ、インスタレーション等を新たな学びの対象として加えています。

学びのキーワード

彫刻 / フィギュア / オブジェ / インスタレーション / FRP造形

コア科目

フィギュア実習

人体のイメージとしての立体を制作します。表現方法は幅広く、球体関節人形やアニメからヒントを得たような造形などバラエティに富んだ立体造形を行います。芸術的要素のある作品からデザイン的要素のある作品まで制作します。

立体造形概論

古い時代の造形から、現代に至るまでの造形作品を紹介します。時代背景やその時代のニーズ、また芸術作品として存在しているものなど、立体造形の社会との関わりや存在することの意味性を考えていきます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

造形作家 / 彫刻家 / 学芸員 / フィギュア作家 / 美術・工芸教員 / 
キャラクターデザイナー / ディスプレイデザイナー など

学生

360°をつくりあげる立体は特徴を引き出すアイデアがカギ。

  • 松元 梨沙 Risa Matsumoto2年生
  • 太宰府高校(太宰府市)出身

映画ゴジラの特撮の世界のような作品をつくりたい!そんな夢をもってこの道へ。オープンキャンパスで東京の学校もいろいろ見てまわりましたが、通いやすい地元でこれだけの施設が揃っているのだからと、迷わず九芸に決めました。立体造形といっても、授業の課題は多彩です。ペーパークラフトでつくる立体は、細かな作業にとても苦戦しましたし、発泡スチロールの授業では、その軽さと使いやすさに驚きました。そんな中で学んできたのは、正面だけじゃなく360°をつくる立体は、その特徴を印象づけるアイデアがとても大切だということです。そこを考えるのはとても難しいですが、頑張れば成果もついてくる。先生たちが身近な存在なので、扉をあけるとすぐに応えてもらえる環境があります。このまま特撮造形の道に進みたいと思っているので、それに役立つような学びを幅広く学んでいきたいです。