DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

メディア芸術専攻

先端アートとテクノロジーで新しい文化と価値を創造。

本専攻では、既存の伝統的なメディアに新たな先端メディアを加え、複数のメディアを横断的に活用することで独自の柔軟な発想に着眼。科学と芸術を融合しながら、論理的に作品の企画設計を行い、次世代の芸術表現を目指します。さらに、映像芸術、メディアアート等の理論と技術を中心に、グラフィックデザイン、Webデザイン等の多様な領域まで対象を広げ、これらの一つまたは複合において芸術表現を計画・設計し、世界的な視野から新たな表現を提案します。

学びのキーワード

メディアアート / アニメーション / マンガ / ゲーム / 映像アート / CG / 
エンターテイメント / 現代アート / サウンド・アート / パフォーマンス

コア科目

映像表現芸術論

映像・映画、アニメーション、エンターテイメント、マンガなどのメディア芸術の基礎である映像表現について、作品や作家をピックアップしながら詳しく解説します。ここでは技術だけでなく映像の持つ芸術性について深く考察します。

マンガ設計制作実習

それまでの実習で学んだ、アイディア(発想)、ストーリー構成、作画(デジタルペイントを含む)、演出法を駆使してマンガを制作します。ユニークな発想や独自の作画によって、メディア芸術作品としての高いレベルを目指します。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事など

将来の進路

メディアアーティスト / 映像作家 / アニメーター / ゲームクリエイター / マンガ家 / 
現代アーティスト / 美術・工芸系教員 / メディア芸術に関わるデザイナー など

学生

自由な大学のぶん、自主性が肝心。学ぶほどに世界が広がります。

  • 久保 瑞季 Mizuki Kubo3年生
  • 福岡舞鶴高校(福岡市)出身

大学進学を前に、将来を迷うこともありました。でも、両親から「自分のやりたいことをやってみれば」と背中を押してもらえたお陰で、思い切ってデザインの道に進みました。入学して感じているのは、「世界が広がった」ことです。アニメーションがこんなに手間がかかることとか、写真を撮るのには構図が肝心なことだとか、知らないことばかりでした。先生たちも個性的で、いろんな持論をもっているのが刺激的。今は、いろんな知識を得て、もともと好きだったアニメだけでなく、ゲームや脚本など、やりたいことの夢が広がっています。授業も単位をとることが負担というよりは、「いろいろ学びたい。少しでも技術を身につけたい」という気持ちで選択しています。でも、何を勉強するかは自己責任。自由になるぶん、自主性が求められます。せっかく自由に学べるのだから、活かして学ばないのはもったいないと思っています。