老人ホームでの芸術教室


老人ホームでの芸術教室(サンケア和白)

平成20年度

実施場所:グランドホーム サンケア和白
主催:九州産業大学美術館
共催:グランドホーム サンケア和白
 
実施期間:原則毎月第3木曜日
     平成20(2008)年4月17日〜平成21(2009)年3月18日[全10回]
     
 
参加者:のべ67名[平成20(2008)年度]
 
90歳前後の高齢者に対し、ボランティアの学生が一緒になって季節を感じる童謡や唱歌などを歌い、回想を行う。そこから出てきたイメージを描画などで造形表現する。自分で作品を作り上げる喜びを味わい、できあがった作品は、参加者全員の前で講評会を行い、互いに良いところを褒めていく。参加者は、回を重ねるごとに口数が増え表情が和らいでいる。「私は出来ない」「興味がない」と話していた参加者も、ボランティアの学生が手を添え共に活動をすることで“できる”喜びを共に味わっていた。またマンツーマンの活動を心がけた結果、作業時以外でも会話が弾みプログラムの中身に興味がなくても"また来たい"と思っていただける空間作りを行う事ができたようだ。

H20suncare01.jpg H20suncare03.jpg 

平成18年度/平成19年度

実施場所:グランドホーム サンケア和白
主催:九州産業大学美術館
共催:グランドホーム サンケア和白
 
実施期間:原則毎月第3木曜日
     平成18(2006)年4月20日〜平成19(2007)年3月15日[全9回]
     平成19(2007)年4月19日〜平成20(2008)年3月13日[計9回]
 
参加者:のべ54名[平成18(2006)年度]、のべ68名[平成19(2007)年度]
 
90歳前後の高齢者に対し、ボランティアの学生が一緒になって季節を感じる童謡や唱歌などを歌い、回想を行う。そこから出てきたイメージを描画などで造形表現する。自分で作品を作り上げる喜びを味わい、できあがった作品は、参加者全員の前で講評会を行い、互いに良いところを褒めていく。参加者は、回を重ねるごとに口数が増え表情が和らいでいる。「手が痛いからできない」と話していた参加者も、ボランティアの学生が手を添え共に活動をすることで“できる”喜びを共に味わっていた。ボランティアで来てくれる学生が増えたことで、マンツーマンの活動ができ、"次もまた来たい"と思っていただけたようだ。芸術教室も5年目を迎え、参加者の平均年齢も徐々に上がってきているが、ますます元気に活動ができそうである。

H18suncare01.jpg H18suncare03.jpg