DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

写真専攻

芸術・写真の基礎知識を学び、撮影や画像処理の最新技術を修得する。

社会や企業の要求に対して適切な答えを出すことが出来る、幅広い専門知識と技術を持った人材の養成を目的とし、研究・教育を行います。写真の撮影技術・処理技術について、実際の撮影現場や処理作業環境でも柔軟に対応できる実践力を、実習形式の授業を通して修得します。感性・感覚教育を基本とし、撮影技術および処理技術を身につけ、様々な撮影現場で活躍できる写真のスペシャリストを育成します。

学びのキーワード

写真表現 / コマーシャル写真 / 営業写真 / 報道写真 / 画像処理 / 一眼レフ動画

コア科目

写真基礎実習Ⅰ

1年生前期の科目です、フイルムを使用した撮影や現像処理を通して、アナログ写真の原理などを学ぶと共に、デジタルカメラを利用した撮影技法・画像処理など写真専攻で必要となる知識・技術の基礎を学んでいきます。

写真表現論

様々な写真家や映像作家の作品や制作スタイルを分析し、写真表現に必要なファクターを選び出し解説を行っていきます。皆さんが思い通りの写真が撮れるように知見を深めていきます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事 など

将来の進路

新聞社・出版社等のマスコミ関係 / 写真スタジオ / 写真家 / レタッチャー / 
コマーシャルフォトグラファー / ムービーカメラマン / フォトディレクター / 
広告代理店 など

学生

写真にのめり込める環境と寄り添ってくれる先生や先輩たち

  • 福山 吏美Satomi Fukuyama4年生
  • 九州産業大学付属九州高等学校卒業

デザインを学びたいと思い入学した付属高校で、写真部の部活紹介映像に感動して写真をはじめました。きっかけは映像でしたが、やっていくうちに一瞬を切り取る写真のほうが私にあっていると感じ、大学では写真を専攻することに。入学前から講習会などで大学の先輩方に指導していただいて、その的確なアドバイスに憧れていました。写真専攻は学年の垣根をこえて交流があるので、先輩の作品を見せてもらったり、意見をいただいたりして、創作意欲を高めています。先生も親身に寄り添ってくれて、一人のアーティストとして作品に意見をくださるだけでなく、やってみたいことに対して「いいよ、やってみよう」とサポートしてくれるので、安心していろんなことに挑戦しています。写真にのめり込める設備環境が整っていて、個性的かつ面倒見の良い先生や先輩たちと触れ合うことができるのが九芸の一番の魅力です。

z