DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

メディア芸術専攻

先端アートとテクノロジーで新しい文化と価値を創造。

本専攻では、既存の伝統的なメディアに新たな先端メディアを加え、複数のメディアを横断的に活用することで独自の柔軟な発想に着眼。科学と芸術を融合しながら、論理的に作品の企画設計を行い、次世代の芸術表現を目指します。さらに、映像芸術、メディアアート等の理論と技術を中心に、グラフィックデザイン、Webデザイン等の多様な領域まで対象を広げ、これらの一つまたは複合において芸術表現を計画・設計し、世界的な視野から新たな表現を提案します。

学びのキーワード

メディアアート / アニメーション / マンガ / ゲーム / 映像アート / CG / 
エンターテイメント / 現代アート / サウンド・アート / パフォーマンス

コア科目

映像表現芸術論

映像・映画、アニメーション、エンターテイメント、マンガなどのメディア芸術の基礎である映像表現について、作品や作家をピックアップしながら詳しく解説します。ここでは技術だけでなく映像の持つ芸術性について深く考察します。

マンガ設計制作実習

それまでの実習で学んだ、アイディア(発想)、ストーリー構成、作画(デジタルペイントを含む)、演出法を駆使してマンガを制作します。ユニークな発想や独自の作画によって、メディア芸術作品としての高いレベルを目指します。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事など

将来の進路

メディアアーティスト / 映像作家 / アニメーター / ゲームクリエイター / マンガ家 / 
現代アーティスト / 美術・工芸系教員 / メディア芸術に関わるデザイナー など

学生

熱意を忘れず誰かの心を動かす作品をつくる

  • 有村レオニーマリー玲衣Leonie Marie Lei Arimura4年生
  • 高等学校卒業程度認定試験合格

まだゲームのことをよく知らなかった小学生の頃、物語を自由に探検し没入できる作品に出会い衝撃を受けました。ゲームから遠ざかった時期もありましたが、高校生のときにゲーム制作に携わりたい思いが爆発。専門分野をじっくり学びながらも幅広い分野に触れることができる九芸への進学を決めました。大学の友人の中には独特な世界観を持っている人が多く、いろんな人と積極的に話すことで刺激をもらっています。文化祭でゲームを制作したときは、キャラクターや物語、プログラミング、CGまで全てひとりで作り上げ、制作の流れを学ぶことができました。また、チームでゲーム制作をする際は、技術やスピードに個人差がある中でどのように進行するかなど、チームメイクの難しさも知ることができました。図書館には3DCGの技術書から海外のデザイン書までなんでも揃っているので悩んだときはよく足を運んでいます。いつか誰かの心を動かすことができるゲームを作れるよう、熱意をもって取り組んでいきたいと思っています。