DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

メディア芸術専攻

先端アートとテクノロジーで新しい文化と価値を創造。

本専攻では、既存の伝統的なメディアに新たな先端メディアを加え、複数のメディアを横断的に活用することで独自の柔軟な発想に着眼。科学と芸術を融合しながら、論理的に作品の企画設計を行い、次世代の芸術表現を目指します。さらに、映像芸術、メディアアート等の理論と技術を中心に、グラフィックデザイン、Webデザイン等の多様な領域まで対象を広げ、これらの一つまたは複合において芸術表現を計画・設計し、世界的な視野から新たな表現を提案します。

学びのキーワード

メディアアート / アニメーション / マンガ / ゲーム / 映像アート / CG / 
エンターテイメント / 現代アート / サウンド・アート / パフォーマンス

コア科目

映像表現芸術論

映像・映画、アニメーション、エンターテイメント、マンガなどのメディア芸術の基礎である映像表現について、作品や作家をピックアップしながら詳しく解説します。ここでは技術だけでなく映像の持つ芸術性について深く考察します。

マンガ設計制作実習

それまでの実習で学んだ、アイディア(発想)、ストーリー構成、作画(デジタルペイントを含む)、演出法を駆使してマンガを制作します。ユニークな発想や独自の作画によって、メディア芸術作品としての高いレベルを目指します。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事など

将来の進路

メディアアーティスト / 映像作家 / アニメーター / ゲームクリエイター / マンガ家 / 
現代アーティスト / 美術・工芸系教員 / メディア芸術に関わるデザイナー など

学生

向上心をもって突き詰めていく楽しさを知ってほしい

  • 堤 直哉 Naoya Tsutsumi4年生
  • 東福岡高等学校出身

高校まではスポーツに取り組んでいましたが、ふとこれからを考えたときに興味のあったアニメーションの制作をしてみたいと思いました。もちろん初めはわからないことだらけでしたが、学べば学ぶほど構造がわかっていくのがとても楽しかったです。Live2Dの実習で人物の絵に動きをつける表現をしたときは、成功して思い通りに動くのも、失敗した原因を探すのもわくわくしました。九芸のいいところは人と人との関係性だと思います。話が合う友人と、わからないところは教えあったり、時には刺激しあったりして、相乗効果で成長できる。先生から教わることだけでなく、それを友人と応用していくことの大切さを感じています。どんどん勉強して、いろいろなものを参考にして取り入れていくことで、時にはきついこともあるけれど、100%の力で取り組んで突き詰めていく楽しさを感じてほしいと思います。