DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

映像メディア専攻

世界共通言語である「映像」分野で、次世代の表現を探る。

デバイスの進化や動画共有サイトの普及等により、ますます映像へのニーズが高まっています。本専攻では、高度な技術を持った第一線で活躍できる人材と、映像を用いて広く社会一般での活躍が期待される人材の育成を目標に掲げています。最新の技術に対応できる高い専門技術と幅広い教養によって、多様化する社会の要求に対応しながら、常に自己を発信できる能力を養成し、コンテンツ制作を通じて想像力・表現力・社会人としての基礎力を備えた映像メディアの表現者を輩出します。

学びのキーワード

映画 / TV / ミュージックビデオ / 3DCG / コマーシャルフィルム / 
デジタルコンテンツ

コア科目

映像基礎実習B

撮影した映像の完成度を大きく左右するのが編集作業です。この授業では映画やモーション・グラフィックス、PV、アニメーションなどで幅広く使用されているAfter Effectsを用います。いくつかの課題に順番に取り組み、基礎的な編集技術を修得します。

3DCG実習

3DCGはさまざまな映像で活用されています。形を作るモデリング、生命感あふれる動きをつけるボーン設定、質感を向上させるライティングなど、本格的な3DCG表現を学びます。3DCGによって制作可能な作品の幅が拡がります。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事など

将来の進路

CMディレクター / 映画監督 / TVディレクター / CGデザイナー / コンテンツ制作者 /  ムービーカメラマン / エディター / シナリオライター など

学生

映像の力をコミュニケーションのツールとして活用したい

  • 松島 明音Akane Matsushima4年生
  • 筑陽学園高等学校卒業

高校ではデザイン科を専攻。写真部に所属していたこともあり文化祭でオープニング映像の制作を担当しました。その時に、映像の面白さに興味を持ち九芸へ進みました。1年次から、映像の技法など基礎を細かく学んでいます。実は、もともとアニメには全然興味がなかったのですが、アニメーション技法を学んだことをきっかけに、今では授業のアシスタントを務めるほどハマっています。他では、映画化になった原作本を良く読んでいます。言葉で表現されたものが、「映像でどう表現されるのか?」に興味をもっています。しかし、将来は映像の現場で働くというより、九芸で学んだ映像の知識をもとにコミュニケーションツールとして活用していければと考えています。いろんなきっかけで映像を学び始め、いろんな方法で表現している、ゼミの仲間たちとの交流が、とても刺激になっています。