DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

イラストレーションデザイン専攻

「描くこと」と「伝えること」を土台に
身に付けた表現能力をメディアに載せて発信する。

各種アナログ、デジタルメディアの特性・目的を熟知し、イラストレーションやビジュアルアート表現をメディアへ展開できるビジュアルコミュニケーションのプロを養成します。創造的描写力と構成力を兼ね備え、グラフィックデザイン的アプローチやスキルにより、多様なビジュアルコミュニケーションに対応できる人材や、デザインの工程を理解し、発想力と表現力、企画力を有し、社会に発信できる個性豊かなイラストレーター、キャラクターデザイナー、アートディレクター等のクリエイターを目指します。

学びのキーワード

イラストレーション / ビジュアルアート / キャラクターデザイン / 絵本 / 
ゲームクリエイション

コア科目

キャラクターデザイン実習

魅力的なキャラクターを生み出す能力を高めイメージを形成する手段を学び、人物の基本形態や表情と動きの作画、動物のキャラクター制作、カリカチュア、擬人化などキャラクターデザインの表現とバリエーション表現を修得します。

イラストレーションデザイン基礎

描くという造形トレーニングと描写におけるテクニックを学び、作品のコンセプトを明確に伝えられる表現力を修得し、描くことの喜びを知り、普遍的なビジュアルコミュニケーションの手段を修得します。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

イラストレーター / 絵本作家 / キャラクターデザイナー / ゲームクリエイター / 
アニメーター / 美術・工芸系教員 など

学生

悔しさをバネにゼロからのスタート

  • 井上 舜太Shunta Inoue4年生
  • 福岡県立玄界高等学校卒業

高校時代に悔しい思いをしたことがきっかけで、絵で輝いてやろうと思い九芸に進学しました。よくノートにシャーペンで落書きをしていましたが、ちゃんと絵を描くのははじめて。基礎的なことも専門的なこともすべて大学に入ってから教わりました。もちろん同級生には1年生の頃から技術のある人もたくさんいて、負けていられないと思い必死に食らいつきました。私は細かい線を描くのが好きなので、今はペン画をメインに作品制作をしています。ひとつひとつに時間がかかるので、制作中はかなり集中しています。スタートのレベルは人によって違いますが、学生同士が切磋琢磨しながら学んでいく環境なので、自分に向上心があればどんどん上を目指していけると感じています。基礎から学べるので、知識ゼロからのスタートでも、やる気さえあればいろいろなことにチャレンジできるし、それをしっかりサポートしてくれる環境だと思います。