SPECIAL COLUMN

各業界の最前線を走り続ける“九芸卒”の先輩たちから、熱いメッセージ。

環境を有効に活用できるかは自分の努力にかかっている。

  • 画家 九芸・非常勤講師中原 未央
福岡舞鶴高等学校出身 宇田川研究室

幼い頃から絵を描くことが好きで、将来は画家になりたいという夢を思い描いていました。学部時代は、絵画の全国コンクールへの出品などに挑戦。そうしたチャレンジが大きなモチベーションになり、大学院では技法や知識をさらに深めるための研究や、作品の追求に力を入れることができました。卒業後は高校の非常勤講師をしながら画家活動を継続。先生方から教えて頂いた技法や知識は、画家として活動する私の「素」になっています。画家だけで生活することは難しいため、他の仕事をしながらという例が多いですが、美術教育に携ることは自分にも刺激になり、学ぶところが多くあります。今年からは九芸の非常勤講師を務めることになり、母校で講師ができることをとても嬉しく思っています。九芸は能力を伸ばすための環境に恵まれた学びの場だと思います。その環境を有効に活用できるかどうかは、自分の努力にかかっています。九芸を目指す皆さんには、大いに「やりたいこと」「すべきこと」の追求に励んでもらいたいと思います。

 

1_insideT