DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

写真専攻

芸術・写真の基礎知識を学び、撮影や画像処理の最新技術を修得する。

社会や企業の要求に対して適切な答えを出すことが出来る、幅広い専門知識と技術を持った人材の養成を目的とし、研究・教育を行います。写真の撮影技術・処理技術について、実際の撮影現場や処理作業環境でも柔軟に対応できる実践力を、実習形式の授業を通して修得します。感性・感覚教育を基本とし、撮影技術および処理技術を身につけ、様々な撮影現場で活躍できる写真のスペシャリストを育成します。

学びのキーワード

写真表現 / コマーシャル写真 / 営業写真 / 報道写真 / 画像処理 / 一眼レフ動画

コア科目

写真基礎実習Ⅰ

1年生前期の科目です、フイルムを使用した撮影や現像処理を通して、アナログ写真の原理などを学ぶと共に、デジタルカメラを利用した撮影技法・画像処理など写真専攻で必要となる知識・技術の基礎を学んでいきます。

写真表現論

様々な写真家や映像作家の作品や制作スタイルを分析し、写真表現に必要なファクターを選び出し解説を行っていきます。皆さんが思い通りの写真が撮れるように知見を深めていきます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事 など

将来の進路

新聞社・出版社等のマスコミ関係 / 写真スタジオ / 写真家 / レタッチャー / 
コマーシャルフォトグラファー / ムービーカメラマン / フォトディレクター / 
広告代理店 など

学生

写真の向こうに個性が映し出される!
自分なりの編集で自分らしい作品をつくりたい。

  • 村田 知佳 Chika Murata4年生
  • 梅光学院高校(下関市)出身

実家が写真館で、子どもの頃から写真に触れていました。スタッフに九芸卒の方がいたこともあり、写真を学ぶのであればここと進学を決めました。今は、とにかく写真漬けの毎日。1・2年では、カメラの基礎や暗室の作業など技術を学び、3年からやっと自分の作品づくりを始めています。面白いのが、同じ課題でも人によってどの写真も違う作風に仕上がっていることですね。写真でカギになるのは「個性」だ、ということを日々実感しています。総合大学なのでキャンパスは広いのですが、学部は少人数制。ゼミ室にいけば誰かに会えます。そこでは、先生、同級生、そして先輩たちといつも写真談義に。なかには、写真関係のアルバイトをしている人も多く、プロの現場での様子なども聞いています。個人的にこだわっているのが編集の仕方。撮った写真を、どんな色味でどう見せるのか。これから力を磨いていきたいです。