DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

情報デザイン専攻

芸術的感性とICTで「面白い!」をデザインする。

情報デザイン専攻では、「情報」を生成・発信、循環させるという観点から、ソーシャルデザインの実践に取り組んでいきます。そのため、視覚と聴覚に関する科学的な知識、情報をわかりやすく美しく見せる芸術的感性、Webデザインを中心とした情報通信技術とコンテンツの開発能力、そして人と社会を元気にするための哲学的思想を基盤とした「面白い!」の提案力を修得することを目指し、持続可能でかつ文化的に豊かな社会の実現に貢献するデザイナーを育成します。

学びのキーワード

Webデザイン / 視覚情報伝達デザイン / 視覚と聴覚(画像と音響) / 編集 / 
インタラクションデザイン / デザインイノベーション

コア科目

Webデザイン実習

HTML・CSS・JavaScript・PHPといったWeb標準技術の基礎からCMSのカスタマイズまで、実践的なWebサイトの構築を体験します。

視覚デザイン実習

図形・文字・写真・イラストレーションなどの造形要素を利用した平面構成を行うことによって、視覚的なコミュニケーションの基礎知識と技術を学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事 など

将来の進路

Webデザイナー / コンテンツクリエイター / クリエイティブディレクター / 
企業・各種団体の企画・総合職

学生

九芸での大学生活を楽しむコツは、
受け身ではなく積極的に参加してみること!

  • 藤田 みなみ Minami Fujita3年生
  • 八代白百合学園高校(八代市)出身

大学を選ぶにあたって、映像制作やデザイン、モノづくり全般に興味があったのですが、「これだ!」と絞り込めてはいませんでした。そこで、いろんなジャンルを幅広く学べる情報デザインを専攻しました。入学当初は、高校からデザインを学んでいる人との力の差を心配していましたが、先生たちの指導のお陰ですぐに追いつくことができました。指導も丁寧だし、つまずいたらすぐにフォローもしてくれる。そんな先生たちの存在は、大きいですね。最近は、映像制作に興味をもっています。この間は、地域の花火大会で流す映像をつくるプロジェクトにも参加しました。観月花火大会ということで、「うさぎ」をコンセプトにつくったのですが、映像を見た子どもたちが間近で喜んでくれる姿にふれると、やりがいを感じます。大学生活を楽しみたいなら、コツはただ授業を受けるだけでなく、積極的に参加してみることですね。

学生

プロジェクトのリーダー体験でデザインの上をいく力をつけたい。

  • 茂里 洪大 Koudai Mori
    3年生
  • 鶴崎工業高校(大分市)出身

高校からデザインを専攻しています。高校の時は広く基礎を学んでいましたが、情報デザイン専攻では「ウェブ」の他に、「グラフィック」「映像制作」など、よりレベルの高いデザインを専門的に学べる環境があります。もちろん、そのぶん課題も多い。時には「大変だぁー」と弱音を吐きたくなることもありますが、そこで踏ん張って作品を完成させたときの喜びは大きいですね。課題以外では、インフォメーションマッピングをつくるプロジェクトに参加。リーダーを担当させてもらいました。振り返ると、初めてのことで、なかなか上手くチームをまとめられなかった反省の残る体験になりました。この反省を次へと繫げるために、今は自分が主となるプロジェクト企画を構想中です。リーダー体験は、コミュニケーションを取ったりスケジュールを管理したりと大変なことも多いですが、間違いなく力になる体験だと思っています。