DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

情報デザイン専攻

芸術的感性とICTで「面白い!」をデザインする。

情報デザイン専攻では、「情報」を生成・発信、循環させるという観点から、ソーシャルデザインの実践に取り組んでいきます。そのため、視覚と聴覚に関する科学的な知識、情報をわかりやすく美しく見せる芸術的感性、Webデザインを中心とした情報通信技術とコンテンツの開発能力、そして人と社会を元気にするための哲学的思想を基盤とした「面白い!」の提案力を修得することを目指し、持続可能でかつ文化的に豊かな社会の実現に貢献するデザイナーを育成します。

学びのキーワード

Webデザイン / 視覚情報伝達デザイン / 視覚と聴覚(画像と音響) / 編集 / 
インタラクションデザイン / デザインイノベーション

コア科目

Webデザイン実習

HTML・CSS・JavaScript・PHPといったWeb標準技術の基礎からCMSのカスタマイズまで、実践的なWebサイトの構築を体験します。

視覚デザイン実習

図形・文字・写真・イラストレーションなどの造形要素を利用した平面構成を行うことによって、視覚的なコミュニケーションの基礎知識と技術を学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術) / 司書 / 学芸員 / 社会教育主事 など

将来の進路

Webデザイナー / コンテンツクリエイター / クリエイティブディレクター / 
企業・各種団体の企画・総合職

学生

やわらかい考え方を身につけて表現の幅を広げることができる

  • 木原 慧士 Satoshi Kihara4年生
  • 大分県立鶴崎工業高等学校出身

もともと絵を描いたり手先を動かして作業することが好きだったこともあり、高校からデザインの勉強をはじめました。オープンキャンパスで九芸に進学した先輩の作品を見たときに、たった1年間で高校時代とは全く違うことに驚き、自分も何か変われるのではないかと感じて進学を決めました。情報デザイン専攻はいろいろなことを幅広く学ぶことができます。実際に、入学してから様々な授業やプロジェクトを通して考え方やアイデアが広がるようになり、それまでとは考え方がガラッと変わりました。演劇部での活動や結婚式場のアルバイトでは、相手に合わせて表現方法を変え、どうすれば相手に届けることができるかを考えることができました。九芸では他学科履修の制度もあり、自分の専攻以外でも興味のある分野を積極的に学ぶことができます。自由度が高い分むずかしいことも多いですが、より頭がやわらかくなり、行動も考え方も表現も幅を広げることができる場所だと感じています。