DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

空間演出デザイン専攻

人間、空間、時間を見つめ、あらゆる「間」をデザインする。

空間演出デザイン専攻では、“身体”を基軸に“空間”を捉え、人間を取り巻く“身体空間”“室内空間”“屋外空間”に加え“時間”をもデザインの対象とし、精神的に豊かな生活環境の実現に貢献できる空間演出デザインの専門家を育成します。身体を保護し補助する目的を満たすだけでなく、我々がより心地よくより楽しく過ごせるよう、モノを組み合わせ生み出される“空間”、空間を演出し生み出される“現象”をデザインする能力を養います。

学びのキーワード

ディスプレイ / 舞台美術 / インテリア / 照明 / 建築 / 環境 / ファッション

コア科目

空間演出デザイン演習Ⅱ

家具・インテリア、舞台美術・ディスプレイ、建築・環境、ファッションの4つの分野から、これまでの学修を踏まえて特定の一つまたは二つの分野に研究の対象を絞り、現代のリアルな問題との関連の中で表現と研究を深めていきます。

照明計画実習

光を人間の生活に役立たせる技術である照明についての実習授業です。照明デザインの基礎的な理論や演出方法、非日常感を演出する技法などを学び、対象物や空間、シチュエーションと照明の関係を、課題を通じて考察します。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 / 商業施設士 / 二級建築士受験資格 など

将来の進路

インテリアデザイナー / 照明デザイナー / ディスプレイデザイナー / 
ファッションデザイナー / ガーデンデザイナー / 建築デザイナー / 舞台美術家 / 
環境デザイナー など

学生

目にする人の気持ちや場のこと、空間は多角的に考えることが大事。

  • 山本 はづき Hazuki Yamamoto3年生
  • 筑紫女学園高校(福岡市)出身

自分が想像したものを画にしていく。最初は空間演出を、それぐらい簡単にしか捉えていませんでした。しかし実際に大切なのは、目にする人の気持ちや、対象とする場や環境のこと。そうした条件を踏まえた上で、どのように表現していくのか?そうした多角的な視点が必要なことを、改めて学んでいます。2年からは、照明のほか、インテリア、建築、舞台、ファッションといった大きく4つの分野を網羅した学修ができます。もともとクラシックバレーをやっていたので、舞台演出も気になるし、ファッションにもこだわっている。そんな私には、興味のあることが学べるのが嬉しいです。大学では、ストリートダンスのサークルにも所属しています。総勢150名ぐらいの大きなサークル。そこで副部長もやっているので、大忙しの学生生活です。自分の作品をつくる制作時間とサークルなどを、バランス良くこなしていきたいです。