過去の展覧会2007年






第14回九州産業大学美術館所蔵品展 片山攝三写真展 芸術家の「顔」

01katayama.jpg
会期:平成20年3月22日(土)ー4月19日(土)
入場者数:931名
主催:九州産業大学 
後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、
   福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団
   朝日新聞社、毎日新聞社、西日本新聞社
   読売新聞西部本社、NHK福岡放送局(順不同)


当館が所蔵する写真コレクションの中から、故片山攝三氏が撮影した、芸術家21名のポートレートを一堂に公開。片山氏は本学の元教授で、福岡市内に写場を構えた写真師として、また、
仏像・肖像を撮影する写真家として活躍した人物です。本展で、片山氏が人物にレンズを向けた思いと、その人柄を知ることができる内容とし、併せて本学の写真に関わる学生たちにとって、肖像写真の意義付けの一環としました。

作品点数:21点(他 片山氏の愛用品・パステル画・書籍展示)

廣末勝巳退任記念展

07廣末展.JPG
会期:平成20年3月1日(土)ー3月15日(土)
入場者数:570名
主催:九州産業大学芸術学部






九州産業大学デザイン学科教授として38年間教鞭をとられた廣末勝巳教授の退任記念展。
鉛筆、アクリル絵の具、蛍光塗料などさまざまな画材を使っての絵画作品43点を展示。
3月4日(火)には廣末教授によるギャラリートークを実施した。

作品点数 1階展示室:18点、2階展示室:25点  計43点

平成19年度九州産業大学芸術学部・大学院芸術研究科 卒業制作展

06卒展.JPG
会期:平成20年2月6日(水)ー2月17日(日)
*11日(月)は臨時開館
入場者数:940名
主催:九州産業大学





平成19年度九州産業大学芸術学部・大学院芸術研究科の卒業制作展。
本年度の卒展は福岡市美術館と当館の2箇所で実施。
九州産業大学美術館では芸術学部美術学科の学生54名の作品を展示。

作品点数:油彩画40点・日本画10点・版画1点・映像2点・自画像画44点

▲ ページトップへ

ウイリアム・モリス展 モリスと「理想の書物


05モリス.JPG
会期:平成19年11月23日(金)ー12月22日(土)  
入場者:1,681名
主催:九州産業大学 
後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、
   福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団
   ブリティッシュ・カウンシル、
   (社)日本グラフィックデザイナー協会
   福岡県印刷工業組合、朝日新聞社
   読売新聞西部本社、NHK福岡放送局、毎日新聞社
                     西日本新聞社、(順不同)

平成19年度文化庁「芸術拠点形成事業」九州産業大学美術館開館5周年記念特別展として、
イギリス・ヴィクトリア朝の芸術家・思想家、ウイリアム・モリス(1834-1896)が
ケルムスコット・プレスで制作した世界の三大美書のひとつとされる「チョーサア著作集」など53部66冊を一挙公開。紙、活字、版面のレイアウト、挿絵、装丁などのすべてにわたり
「理想の美しい本づくり」という夢の実現を図って完成した、モリスの書物芸術をじっくりと堪能していただいた。

▲ ページトップへ

第8回上野彦馬賞九州産業大学展

04上野彦馬.JPG
会期:平成19年11月1日(水)ー11月11日(日)  
入場者:1,229名
主催:毎日新聞社、九州産業大学
後援:文化庁、日本写真芸術学会、東京都写真美術館
協賛:(株)ニコン、サイバーグラフィックス(株)
   キヤノンマーケティングジャパン(株)、
   コニカミノルタホールディングス(株) 
   エプソン販売(株)
   富士フイルムイメージング(株)、
                     富士フイルムイメージテック(株)(順不同)

2000年に九州産業大学が建学40周年を記念して創設し、21世紀に羽ばたく若い写真家の発掘と育成を目的とした「上野彦馬賞-九州産業大学フォトコンテスト-」の入賞作品展。
第8回目を迎えた今回は、過去最多となる一般部門1,758点、高校生・中学生部門2.309点、
総計4,067点の作品が国外を含め、全国から集まった。
その中から選ばれた上野彦馬賞をはじめとする入賞作品101点(組写真を含む)を展示。

▲ ページトップへ

第22回福岡県高等学校総合文化祭写真展

03高文連.JPG
会期:平成19年10月23日(火)ー10月28日(日)   
入場者:335名
主催:福岡県高等学校芸術・文化連盟
後援:福岡県教育委員会、福岡市教育委員会
   春日市教育委員会、宗像市教育委員会
   新宮町教育委員会、那珂川町教育委員会
   福岡県高等学校芸術科研究会


福岡県高等学校芸術・文化連盟に加盟の写真部生徒による写真展。
展覧会は、応募総数2221点の中から選ばれた第22回福岡県高等学校総合文化祭写真展の
入賞作品180点と、本年度の九州大会県予選の大賞10点、特選20点を合わせた計210点の
作品で構成。なお、作品の搬入展示、搬出と期間中の受付を高校生が担当した。

1階、2階展示室:210点(九州大会県予選の大賞・特賞30点を含む)

▲ ページトップへ

第13回九州産業大学美術館所蔵品展「受け継がれる日本の美とわざー人間国宝の世界ー」

02工芸.JPG
会期:平成19年9月15日(土)ー10月21日(日)   
入場者:1,450名
主催:九州産業大学 
後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市
   福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団
   朝日新聞社、毎日新聞社、西日本新聞社
   読売新聞西部本社、NHK福岡放送局(順不同)


平成18年度に購入した、重要無形文化財「茶の湯釜」の保持者・角谷一圭氏の「和銑春日野釜」、重要無形文化財「沈金」の保持者・前史雄氏の「沈金箱 菊しずく」をはじめ、
平成19年7月に重要無形文化財「青磁」の保持者に認定された中島宏氏の「青瓷壷」も含め、
陶芸・染織・金工・漆芸の重要無形文化財保持者(人間国宝)18名の作品21点を展示。

1階、2階展示室:21点

▲ ページトップへ

第12回九州産業大学美術館所蔵品展「名画の散歩道ー14人の絵画展ー」

01絵画.JPG
会期:平成19年6月15日(金)ー7月29日(日)   
入場者:1,240名
主催:九州産業大学 
後援:福岡県、福岡県教育委員会、
   福岡市、福岡市教育委員会、
   (財)福岡市文化芸術振興財団、
    朝日新聞社、毎日新聞社、
   西日本新聞社、読売新聞西部本社、
   NHK福岡放送局(順不同)

九州産業大学がこれまで教育用標本として収集・保管してきた絵画作品のうち14点を展示。
その作品の中には、林武や古賀春江、海老原喜之助など日本を代表する作家たちの名画を展示しました。特に海老原喜之助に関しては、作品(デッサン)の裏に新たに習作が発見されるなど、調査研究の成果を公表する機会にもなりました。

1階展示室:14点

▲ ページトップへ

第37回立玄展(九州産業大学芸術学部美術学科・芸術工芸学科専任教員作品展)

第37回立玄展.JPG
会期:平成19年5月9日(水)ー5月20日(日)   
入場者:584名
主催:九州産業大学 






今回で37回目を迎える美術学科に所属する実技担当(専任教員)の作品発表展。教員の1年間の研究成果でもある絵画、彫刻、造形、工芸等、多才な表現方法を駆使した作品49点を展示。

1階展示室:美術学科絵画コース作品26点、造形コース作品4点
2階展示室:特別展示 美術館所蔵作品8点、芸術工芸学科作品11点 計49点

▲ ページトップへ