ページの先頭です

九州産業大学 第1回 建築都市工学部 全国高等学校 プロジェクトコンテスト

九州産業大学建築都市工学部全国高等学校プロジェクトコンテスト

平成29年度に設立された「建築都市工学部」は、
建築 × 住居・インテリア × 都市・土木を総合的に学べる西日本初の学部です。

コンテストについて

 このコンテストは、私たちの住まい、地域、そして国土をよりよくするために、 将来に向けて考えるべきテーマを、全国の高校生と一緒に考えるコンテスト形式のイベントです。

 九州産業大学では、1993年から高校生の設計技術を競う「建築設計競技」を毎年開催してきましたが、 今年からアイデア部門を加え、「全国高等学校プロジェクトコンテスト」としてリニューアルしました。

 〈住居・インテリア〉の領域から〈建築〉の領域、さらに〈地域・コミュニティ〉の領域まで幅広い内容を扱います。設計部門とアイデア部門があり、高校生であればどなたでも応募・参加できます。応募作品の中から一次審査を通過した入選者には、秋の学園祭の時期に本学に来ていただき、最終発表会でプレゼンの上、各賞の入賞者を決定します。

 高等学校での日頃の学習やクラブ活動などの成果を生かして、 ぜひグランプリを目指して「プロコン」に挑戦してください!

部門について

a 設計部門

具体的なまち・建築・住宅・インテリア・装置などの設計
(設計図面を提出)

b アイデア部門

研究調査に基づいたアイデアの提案
(図表と文書を組み合わせた提案書を提出)

課題について

2018年 第1回課題

「雨水(あまみず)の恵みと災いに、賢く折り合いをつけるには?」

小さなことでも、大きなことでも、みんなのアイデアで、
私たちの住環境をより良くしましょう。
〈住居・インテリア〉〈建築〉〈地域・コミュニティ〉を対象に、
どの部分でも、どのような側面からでも結構です。
雨水に関する高校生のフレッシュなアイデアを募集しています。

課題の趣旨

 豪雨災害が頻発しています。地球温暖化により年々激しさを増しています。とくに都市空間は、雨水が浸み込みにくいアスファルトやコンクリートで覆われています。また気温が周りより高くなるヒートアイランド効果によるゲリラ豪雨が加わります。その結果、河川や下水道に雨水が集中して溢れ、自然地域より浸水しやすくなります。

 一方、私たちの生活には水が不可欠です。飲食、トイレ、洗濯やお風呂の水、農業/工業/都市用水――生活に潤いを与える公園やお庭でも水の存在は欠かせません。いずれも元は雨水です。水資源用のダムは洪水調整や発電にも使われて効果的である一方、自然を激変させ、集落をダム湖で奪い、建設/維持費が高額です。

 こうしたことから、空間的に広く分散した雨水の管理が注目されています。自然を活かした公共施設=グリーン・インフラストラクチャや、雨を処理しながら楽しむ雨庭が、経済的でもあり、世界中の都市で取り入れられ始めました。

 そこで都市全体から街区、建築敷地、建築物のエクステリア/インテリアに至るまでの、様々な雨水(あまみず)の扱い方、その恵みと災いに賢く折り合いをつけるアイデアと実現のための具体策を提案して下さい。

各領域からのメッセージ

〈地域・コミュニティ〉領域

 あなたが住んでいる地域を思い浮かべてください。豪雨が来たときに地域の人々が災害で困ってしまわないようにし、あわせて地域の環境をよくするためには、降った雨をあなたの住む地域(市町村や町内)のなかでどのように扱ったらよいでしょうか?大雨を防ぐのは地球規模の対策が必要でとても大切ですが、身近な場所で雨水を直接地下に浸透させたり、一時的に貯めたり、ゆっくり流したりすることが、被害を小さくするのに有効かもしれません。そのことを踏まえたうえで、河川、ダム、ため池、下水道、道路、公園、学校などのみんなのための公共施設で、雨水をどのように扱ったらよいでしょうか?植物や土や地形はどうしたらいいでしょうか?また、貯めた水の使い方の工夫は?

 一方、地域が豪雨災害に備えて、情報の収集、伝達、そして避難を考えて、水防、復旧、さらに復興の活動と土地利用の計画を、町内会から市町村、そしてもうすこし広い範囲でつくるための工夫をすることも、とても大切なことでしょう。

 このような視点から、あなたの住む地域において、雨水の扱い方を考えてみてください。

〈建築〉領域

 建物の屋根や外壁への散水気化冷却、断熱性能向上を目的とする屋上・壁面緑化の潅水、中水利用(トイレ、洗車、散水)などは既に住宅や建築の領域で取り組まれていますが、技術が優先しデザインが追いついていません。

 一方、建築は落水荘(フランク・ロイド・ライト設計)や本福寺水御堂(安藤忠雄設計)を例に挙げるまでもなく、水と良好な関係を築くことで数々の名建築が生み出されています。近年はポートランド(アメリカ)、シェフィールド(イギリス)、コペンハーゲン(デンマーク)などの欧米の都市で、建築物とマッチした美しいレインガーデン(雨の庭)の試みも見られるようになってきました。

 このような雨水利用の新しいアイデアや技術とデザインが両立されている案を期待しています。

〈住居・インテリア〉領域

 水は暮らしに欠かせません。皆さんも住まいの中の色々な場面で、水を使っているはずです。日頃、どのように水を使っているかを思い出し、暮らしの中の水を雨水に置き換えてみたらどうなるか、考えてみてはいかがでしょうか?たとえばドイツでは、雨水をトイレ洗浄、洗濯、植栽の散水のために使うものと、飲み水に使うものとに分けて使う仕組みができています。

 また、雨水を生活用水に使うだけでなく、雨水を感じたり、雨水で演出したりするしかけも考えてみましょう。雨水の性質をふまえて、住宅の屋根、床、窓、壁などやインテリアの要素と絡めながら、雨水を集めたり、貯めたり、流したりと、色々な扱い方の可能性があると思います。

画像出典:日本建築学会編『雨の建築学』(北斗出版、2000 年)

課題取り組みのヒント

※関連情報をFacebookで公開中です。

応募について

応募資格
全国の高等学校に在籍する生徒。応募は個人とし、グループでの応募は不可。
提出方法
設計部門とアイデア部門のいずれかの応募用紙とともに作品を郵送してください。
提出期限
2018年9月1日(土) ※郵送のみ。当日消印有効。
提出先
〒813-8503 福岡市東区松香台2丁目3番1号
九州産業大学建築都市工学部「プロコン」実行委員会
TEL:092-673-5600
E-mail:procon@ml.kyusan-u.ac.jp

審査および発表会について

 一次審査を通過した者を入選者とし、11月4日(日)、本学にて、入選者を対象に最終発表・審査会を実施します。
その後最終審査を行い、次の各賞の入賞者を決定します。なお、設計部門・アイデア部門は分けずに審査します。
入賞者には賞状および賞品を贈呈し、入賞者が在籍する高等学校には副賞を寄贈します。

一次審査
結果発表
2018年9月28日(金)
※ホームページにて発表および応募者に直接通知
最終発表・
審査会
2018年11月4日(日)
※授賞式・懇親会も予定
※最終発表・審査会に出席する入選者および指導した教員の交通費( 本学の規程に準ずる) は本学で負担。
審査委員
九州産業大学建築都市工学部教員他
審査委員長:都市デザイン工学科 山下 三平 教授
グランプリ:1点(12万円相当)
金賞   :1点(6万円相当)
銀賞   :2点(3万円相当)
銅賞   :3点(1万円相当)
奨励賞  :5点(5千円相当)
副賞   :入賞者が在籍する高等学校へ寄贈(1万円相当)