総合型選抜(育成型)

2育成型

募集人員

学 部 学科(コース) 総合型選抜
育成型
国際文化学部 国際文化 2
日本文化 2
人間科学部 臨床心理 1
子ども教育 3
スポーツ健康科学科 2
経済学部 経済 4
商学部 経営・流通 8
地域共創学部 観光 2
地域づくり学科
(夜間特別枠含む)
2
理工学部 情報科 4
機械工 4
電気工 4
生命科学部 生命科 3
建築都市
工学部
建築 2
住居・
インテリア
2
都市デザイン工 2
芸術学部 芸術表現 4
写真・
映像メディア
2
ビジュアル
デザイン
4
生活環境
デザイン
4
ソーシャル
デザイン
2

(注)1. 募集定員人数を記入し、実施しない入試種別には、「-」を表示。
2. 募集人員は、予定であり、変更する場合があります。

育成型とは?

特に本学で学ぶ意欲が高い生徒を対象に、本学のアドミッション・ポリシーに基づき「学力の3要素*1」を 多面的、総合的に評価する入試制度です。 【全学部・学科で実施】

特徴

  • 「育成」をキーワードに、出願前から入学直後までを一貫したプログラムとして、高等学校教育・大学入学者選抜・大学教育への円滑な接続を行います。
  • KSUアドミッションオフィサー*2が、出願前にプログラム登録者と面談を行い、学ぶ意欲を確認し、学部・学科のマッチングを図ります。
  • 上述の面談結果を、KSUアドミッションオフィサーが、高等学校へフィードバックします。(面談結果を踏まえての出願となります))

※KSUアドミッションオフィサーによる面談結果は、育成型の判定には用いず、評価者の参考事項として活用します。

出願資格等

次のすべてに該当する者

  1. 本学での勉学を強く希望し、入学を志す者で、合格した場合は必ず入学する者(専願制)
  2. 令和3年3月に高等学校(中等教育学校含む)を卒業見込みの者
  3. 本学が指定する以下の育成プログラムを受講した者(複数の受講可)
  4. 育成プログラム:WCV、Web模擬授業、サマースクール(芸術学部のみ)
  5. 受講した育成プログラムに基づくレポートを提出し、KSUアドミッションオフィサーによる面談を受けた者

必要書類

面談申込時に必要な書類 内容および注意事項
レ ポ ー ト 受講した育成プログラムに基づくレポートを本学所定用紙に記入し、「九州産業大学入試課」宛に郵送してください。
※レポート用紙は本学入試情報サイトからダウンロードしてください。
出願時に必要な書類 内容および注意事項
調 査 書 出願時点の3カ月以内に高等学校で作成され、厳封されたもの。
大学入学希望理由書
(承認欄あり)
九州産業大学に入学する目的、志望する学部学科の理解や入学する目的、学ぶ意欲や興味関心、入学後の学習計画、卒業後の進路や目標等を読み手にわかりやすく論理的に記述してください。
【賞状、新聞、記事等の客観的資料があれば写し(A4サイズ)を添付しても構いません。】
顔 写 真
  1. 縦4cm×横3cm。上半身正面脱帽で背景のない明瞭なもの(白黒・カラー自由)。
    出願前3カ月以内に撮影したもの。
  2. 写真裏面に氏名、志望学部・学科(コース)を記入してください。

※提出された書類は一切返却しませんので、必要に応じてコピーしてください。

選考方法

選考方法
試験 ●書類審査(調査書・大学入学希望理由書)
●面接(口頭試問、プレゼンテーション、課題等の内容が含まれます。)
●基礎テスト

※KSUアドミッションオフィサーによる面談結果は、育成型の判定には用いず、評価者の参考事項として活用します。

育成型の流れ

*1 ①主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)、②知識・技能を活用して、自ら課題を発見しその解決に向けて探求し、成果等を表現するために必要な能力(思考力・判断力・表現力)、③上記②の基礎となる知識・技能

*2 育成プログラムの実施を通して、高校生の思いや考えを引き出し、本学で学ぶ意欲の可視化および学部・学科のマッチングを図り、受験生(入学者)の育成に携わる者

*3 WEEKDAY CAMPUS VISITの略称。高校生が普段の大学キャンパスで、1日大学生になる教育プログラム。育成型クラスに参加する必要があります。