ロボット競技会でベスト8

 

 9月25日(日)、神奈川県立青少年センターで開催された、二足歩行ロボットによる格闘技大会「第29回ROBO-ONE」において、九産大工学部バイオロボティクス学科3年の本田雅文さん(長崎北高校)がベスト8に輝きました。

 

 全国から社会人を含む146台の自作ロボットがエントリーしたこの大会において、本田さんは5月から制作を始めた「シズラーC」で参戦。惜しくも準々決勝で敗れましたが、特別協賛の株式会社ミスミグループ本社より、ものづくりへの情熱と姿勢が高く評価され、「ミスミ賞」が授与されました。

 

 競技の魅力を「全国のロボット仲間と交流を深めること」と言う本田さんは、小学校の頃からの夢だった二足歩行ロボットの格闘技を、九産大『ロボット工房』で実現したいと本学に進学しました。次回の大会は来年2月、「シズラーCを改良して優勝を目指します。またみんなと会えるのが楽しみです」と思いを馳せます。

 

九州産業大学のトップページへ