DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

立体造形専攻

芸術的、デザイン的感性を持って社会に貢献できる人材を。

現代社会において立体物は、自然形態、人工形態など無限に存在します。今後、社会はアート的な物やデザイン的な物が多く存在することで、精神的、物質的に潤った文化社会となります。本専攻では、社会が求めるニーズに応えられる、幅広い造形力(総合造形)を身につけるカリキュラムを用意しています。さらに、彫刻等の従来の分野の他に、スチロールワーク、ペーパークラフト、フィギュア、キャラクターオブジェ、インスタレーション等を新たな学びの対象として加えています。

学びのキーワード

彫刻 / フィギュア / オブジェ / インスタレーション / FRP造形

コア科目

フィギュア実習

人体のイメージとしての立体を制作します。表現方法は幅広く、球体関節人形やアニメからヒントを得たような造形などバラエティに富んだ立体造形を行います。芸術的要素のある作品からデザイン的要素のある作品まで制作します。

立体造形概論

古い時代の造形から、現代に至るまでの造形作品を紹介します。時代背景やその時代のニーズ、また芸術作品として存在しているものなど、立体造形の社会との関わりや存在することの意味性を考えていきます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

造形作家 / 彫刻家 / 学芸員 / フィギュア作家 / 美術・工芸教員 / 
キャラクターデザイナー / ディスプレイデザイナー など

学生

興味を支える基礎を段階を踏まえて勉強できる

  • 芳賀 胡桃 Kurumi Haga4年生
  • 福岡県立中間高等学校出身

アニメを観るのが好きで、それがきっかけでフィギュアにも興味をもつようになりました。九芸に入るまでものづくりをしたことはなかったけれど、自分でデザインしたキャラクターでフィギュアを作りたいという思いから、立体造形を学ぶことに。もちろん不安もありましたが、デッサンや粘土での造形など、基礎的なことから段階を踏まえて勉強することができました。先生も一人ひとりに丁寧にアドバイスをしてくれていた印象があります。キャラクター実習では足を抱えて座る女の子を粘土で制作し、体の膨らみや指の形、関節など、人体を形作る複雑さを実感しました。私は立体造形に関して全く知識のないところからのスタートでしたが、今では制作する上での具体的な構想まで考えることができるようになりました。もし興味を惹かれることがあれば、まずはここで学んでみてください。実力はきっと後からついてくると思います。