DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

工芸デザイン専攻

金属工芸・陶芸・染織を軸として素材の性質や技術、
技法を学び現代的用の美を追求する。

工芸デザイン専攻では、伝統的な工芸から現代的な立体造形まで、現代の社会及び生活空間において美の創出に係わり幅広く活躍できる人材を養成します。工芸の様々な素材や技術・技法に関する専門知識と、芸術的感性を養い、基礎力・応用力(構想を練り上げる力・素材の性質への理解・技術や技法の修得・セルフプロデュース力)の修得を目的に、現代社会のニーズに合った実践的な教育を展開し、次世代のものづくりに柔軟に対応できる工芸デザイナー、クリエイターを育成します。

学びのキーワード

金工 / 陶芸 / 染織 / 漆 / ガラス / ジュエリーデザイン / セラミックデザイン / 
テキスタイルデザイン / 文化財

コア科目

工芸デザイン論

工芸分野の中で金属工芸・陶芸・染織を中心とし、「用の美」として日本で発展してきた意匠と表現を学びます。日本と海外、アートやデザインとの差異を工芸作品の中に探し、表現の多様性に触れ、感性を高めていきます。

漆芸演習

漆芸技法の一つである「金継ぎ」は、陶磁器の割れや欠けを「景色」と見立てます。日本では修復による痕跡を「美」と捉えてきました。文化財の保存や修復についての理解を深め、漆芸の基礎的な技法について学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

美術・工芸作家 / ジュエリーデザイナー / テキスタイルデザイナー / 
セラミックデザイナー / 工芸デザイナー / 美術・工芸系教員 / 学芸員 など

学生

経験を作品に昇華させていつか自分のブランドへ

  • 町浦 歩夢Ayumu Machiura3年生
  • 宮崎県立小林高等学校卒業

時計職人になりたい!高校生のときに思い描いた夢を叶えるために、いろんな進学の道を考えました。そんななか参加した九芸のオープンキャンパスで出会ったのが、金工の新先生です。「追い求めたいことがあれば挑戦できる」そんな言葉に背中をおされて、入学を決めました。先生のもつ技術や感性はもちろんですが、企業で働いていた経験からの効率化の図り方などは、とても勉強になっています。高校生の頃は、夢に最短な道を考えていましたが、今は寄り道、遠まわりをしたい。いいモノをつくるために、いろんな経験を昇華させたいと思っています。12専攻あるのも九芸の魅力のひとつ。深く狭い知識をもつ友だちと、意見や情報の交換ができるのも力になっています。2年までは基礎を固めてきたので、これからは外への発信もやっていきたい。そんな経験を重ねながら、将来は自分のブランドをもった職人を目指します。