SPECIAL COLUMN

各業界の最前線を走り続ける“九芸卒”の先輩たちから、熱いメッセージ。

幅広い観点から芸術を吸収でき多くの仲間と出会える。

  • ㈱日刊自動車新聞社前野 翔太
鹿児島県立伊集院高等学校出身 進藤研究室

写真を勉強したいと思い九芸へ進学。更に高い技術を修得し、作品を追求するため大学院にも進み、“廃れた風景”をテーマに、学部の卒業制作「定住の地」、大学院の修了制作「土地になずむ」はいずれも錆び朽ちた廃車を探しカラー作品にしました。写真の魅力・価値を改めて実感できる授業内容と、自身の作品に向き合ってくださる教授陣がおられ、幅広い知見を得る環境が整っている九芸。写真や映像メディアを目指す人でも美術・デザインの学生と交流できるので、幅広い観点から芸術を吸収でき多くの仲間と出会えます。きっと芸術の間口が広がる体験を出来るはずです。自分の“やってみたい”を実現し、頑張ったと胸を張って言える成果が残せるよう願っています。 

 

前野翔太作品