東京デザイナーズウィーク出展プロジェクト2014

学部・大学院
  • 企画・行政・地域 × 九産大
  • 学部 × 学部
  • 芸術学部 × NPO法人デザインアソシエーション

プロジェクト概要

国際的なデザインイベントである「東京デザイナーズウィーク」に学生の作品を出展しました。平成26年度はデザイン学科1・2年生の全コースで取り組むチーム体制で、ノンジャンル部門屋外展示で32名の学生が参加しました。

10月25日から11月3日まで開催された「学校作品展」にて、来場者へアピールを行いました。人の行動の軌跡からデザイン言語を導きだす試みとしての提案「カタッチ」を出展し、参加54校のうち上位10校以内での入選を果たし、多方面から注目を集めました。また11月から12月までの期間、芸術学部前の芝生広場にて学内展示を行いました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 世界各国から参加の同世代のデザイン系学生と競争的に作品制作・展示を行うことで、自身の思考や能力を相対的に意識化する機会となり、以降の目標設定の材料とすることができます。グループ作業を通じてコミュニケーション能力や問題解決力が高まります。

担当:飯高由希雄 三枝孝司 栗田融 安齋哲 佐藤昭則

KSUプロジェクト型教育の事例【2014年度】

KSUプロジェクト型教育に関する記事

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育