九州・韓国南部大学生観光論文発表大会

学部・大学院
  • 企画・行政・地域 × 九産大
  • 学部 × 学部
  • 商学部 × 日本観光研究学会

プロジェクト概要

九州産業大学に事務局を置く日本観光研究学会九州・韓国南部支部が開催する「大学生論文発表大会」は、観光を学ぶ学生の意識を高め、九州における観光研究・教育の興隆を目的に実施しています。7回目を迎える平成26年度は、九州運輸局および九州観光推進機構の後援と韓国東亜大学校の協力を受けて、韓国釡山広域市で開催しました。4大学から11グループが参加し、九州からは37名の学生が参加しました。優れた発表に対して「学会賞」、「九州運輸局賞」、「九州観光推進機構賞」が授与され、九州産業大学・千ゼミナールによる「ご当地グルメの販売戦略~志賀島の金印カレーを事例に~」の発表が受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 自ら研究課題を設定し、調査・検証・提案した内容を学会員や後援機関の審査のもとで発表経験することにより、研究活動の一連のプロセスを身につけることができます。
  • 九州内他大学や後援機関関係者との交流を深め、視野を広めることができます。

担当:室岡祐司

KSUプロジェクト型教育の事例【2014年度】

KSUプロジェクト型教育に関する記事

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育