テクノアートプロジェクト

学部・大学院
  • 企画・行政・地域 × 九産大
  • 学部 × 学部
  • 工学部 × 芸術学部 × 情報科学部

プロジェクト概要

工学部、芸術学部、情報科学部が連携し、ロボット開発の基礎となる知識、技術を学びながら実践的なものづくり活動を体験するプロジェクトです。デザインとロボット・メカトロ技術とを組合せ、新しい生活スタイルを提案する照明器具、おもしろい玩具などの雑貨を試作します。センサ・マイコン・LED・モータ・ソフトウェア等のロボット技術をうまく組み合わせて芸術学部デザイン学科が構想したおもしろ雑貨の機能部分を試作します。完成したロボットは、3月に天神イムズで展示、公開し、広く市民の方々に観ていただきました。

期待できる学生のスキルアップ

  • デザインや技術の基礎的な知識とともに、それらをうまく組み合わせるための応用的な知識と考え方を養います。また専門の異なるメンバー間のコミュニケーション能力も向上します。

担当:榊泰輔 青木幹太 鶴田和寛 牛見宣博 
村上剛司 李湧権 下川俊彦 神屋郁子

KSUプロジェクト型教育の事例【2014年度】

KSUプロジェクト型教育に関する記事

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育