工場見学体験ツアー企画実践プロジェクト

学部・大学院
  • 企画・行政・地域 × 九産大
  • 学部 × 学部
  • 経済学部 × 古賀市役所 × 古賀市工業団地

プロジェクト概要

古賀市役所、古賀市工業団地と九州産業大学経済学部での産官学連携プロジェクトです。古賀市の小・中学生に地元企業の活動や商品を知ってもらうということを目的とした古賀市工業団地内企業の見学ツアーを経済学部の学生が企画・実践します。古賀市役所が幹事となり実行委員会をつくり、学部代表教員は副委員長を努め、「実践企画演習」という講義の履修学生12名がそのコーディネートとアシスタントを務めました。

ツアー内容の詳細は小学4年生から中学2年生の希望者約50名が4班に分かれ、1コースあたり2もしくは3企業を訪問します。そしてコースごとに企業の工場見学と和菓子や明太子、桐箱といった様々な商品づくりの体験を行い、ツアー終了後には見学・体験したことを小学生自ら保護者や他のコースの参加者に対してプレゼンテーションするというものです。

学生はそのツアー実施に向けて古賀市工業団地の協力企業9社を事前に訪問し、ツアー内容の打合せやルートの確認を行った上で、当日の小学生のプレゼンテーションをサポートする資料の準備を事前に行いました。古賀市役所にて開催される数度の委員会や打合せを経て準備を終え、ツアー当日は受付準備から引率、最終発表資料の作成やプレゼンテーションの補助を行いました。

事後のアンケートでは参加者48名中、38名が「とても楽しかった」8名が「まぁまぁ楽しかった」と回答し、満足度も高いツアーとなりました。

担当:森田泰暢 下田真也 岡村東洋光 加藤要一

KSUプロジェクト型教育の事例【2014年度】

KSUプロジェクト型教育に関する記事

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育