• HOME >
  • イベント情報 >
  • 九州国立博物館で「九産大美術館所蔵品展」と「野見山暁治氏講演会」を開催します

九州国立博物館で「九産大美術館所蔵品展」と「野見山暁治氏講演会」を開催します
2018年9月13日〜2018年9月24日



 

 九州産業大学美術館は、9月13日(木)〜24日(月)まで、九州国立博物館にて「九州産業大学創立60周年記念 美術館特別所蔵品展『名品は師なり−教育用標本としての芸術コレクション−』」を開催します。

 

 2020年に本学が創立60周年を迎えるにあたり、芸術学部を中心に半世紀を越えて収集してきた美術、工芸、デザイン、写真などの教育用標本(芸術コレクション)の中から選りすぐりの名品90点を展示し、本学が果たしてきた芸術教育の役割を振り返ります。

 

 また、9月17日(月・祝)に、福岡出身の野見山暁治氏による講演会「なぜ絵を描き続けるのか?」を開催し、現在も精力的に活動を行う氏の芸術家人生を紹介します。

 

 皆さまのご来場をお待ちしています!

 

 ※詳しくはコチラ

 


<美術館特別所蔵品展>
会 期:2018年9月13日(木)〜24日(月) ※期間中無休
    9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
    ※金曜日・土曜日は9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
会 場:九州国立博物館 ミュージアムホール
入場料:無料

 

<野見山暁治氏 講演会>
日 時:2018年9月17日(月・祝) 14時30分〜16時30分(受付14時〜)
会 場:九州国立博物館 研修室
講 師:野見山 暁治 氏(東京芸術大学名誉教授) 
演 題:「なぜ絵を描き続けるのか?」
入場料:無料
定 員:60名(※申し込み多数の場合は抽選となります)
お申し込み方法:氏名(ふりがな)、住所、電話番号、年齢をご記入のうえ、メール

        にてお申し込みください。
         E-mail ksumuseum@ip.kyusan-u.ac.jp
お申し込み締切日:8月31日(金)

 

お問い合わせ先:九州産業大学美術館 小栗栖  TEL 092-673-5160
 

ページの先頭へ