• HOME >
  • イベント情報 >
  • 景観研究センター「景観セミナー」開催

景観研究センター「景観セミナー」開催
2016年10月28日〜2016年12月16日



 

 

九産大景観研究センターでは、「景観セミナー/レクチャーシリーズ2016後期」を開催します。


 「里山景観の拠点をいかす‐竹林・古民家・商業施設」というテーマで、竹林が侵入里山、無人化する風格ある古民家および地域での可能性を見据えた商業建築の在り方を巡るなど、実践的な講義とディスカッションを行います。
 

皆さまのご来場をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<プログラム>
第1回:10月28日(金) 
    ・一部 17時00分〜17時45分
    「地域住民による竹の利用可能性」
    栗田 融(九州産業大学 芸術学部生活環境デザイン学科 教授)
    ・二部 18時00分〜19時30分
    「愉快な竹の活用」
    山本 公一郎(大分県南部振興局 農山漁村振興部 林業・木材・椎茸班 課長補佐)
第2回:11月11日(金) 18時00分〜19時30分
    「竹林化問題対策とデザイン教育」
    バート・デワンカー(北九州市立大学 国際環境工学部 建築デザイン学科 教授)
第3回:12月16日(金) 18時00分〜19時30分
    「商業を道具に地域を開いていく」
    福山 秀親(九州産業大学 工学部住居・インテリア設計学科 教授)
会場:九州産業大学23号館4階  景観研究センター 景観ライブラリー 
セミナー参加費:無料
問い合わせ先:九州産業大学産学連携支援室 092-673-5501
詳細はコチラ
 

ページの先頭へ